ようこそゲストさん!|ログイン

【辛口】宿曜占星術+news|空海が広めた人の統計学。性格、相性、運勢、恋愛|無料占い

辛口無料占い|性格・運勢・相性・恋愛

/ /

▼ ・・・診断結果・・・ ▼

ここに診断リンクが出ます

Results for tag "危宿"

3 Articles

問題発言目立つデヴィ夫人…彼女の宿曜はいかに?!

20年11月20日(金)配信: 宿曜占星術+news


画像引用元:関連ニュース

10月28日関西のテレビ番組内でタレントのデヴィ夫人が「不妊の9割9分は中絶によるもの」とまたも問題発言をしてしまった。この件については、「数字に誤りがあったようなので、こちらで謝らせていただきます。失礼いたしました」と謝罪しているが本人も周囲も納得いかない状況になっている。

これまでもに数々の問題発言・問題行動を起こしているデヴィ夫人だが、しばらくすると何の音さたもなくひょっこり各テレビ番組に出演している。
今回はそんな元気いっぱいデヴィ夫人の宿曜を見ていきたい。


デヴィ夫人(本名:ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ)は1940年2月6日火曜生まれ危宿、干支は辰(たつ)である。
しゃれた自由人!それが危宿女性と言えます。とにかく自由を愛する星であり性格もサッパリしていて問題が起こっても引きずらない、というより忘れてしまう?という方が近いでしょう。
サッパリした性格は戦いの神に支配されている箕宿と似た性質もあるが、箕宿のようにゴリゴリ荒波をかき分ける逞しさではなく、自身のプライベート空間を大事にするタイプだ。ただ気移りな性質があるため、多趣味でありながらも一つ一つはあまり長くは続かない飽き性なところもうかがえる。
自分で何を言っているのか・何を考えているのかわからなくなる時がある。

危宿女性の有名人は、夏帆、叶恭子、高橋尚子、松浦亜弥、清水ミチコ、大塚寧々、森高千里などである。

恋愛にはロマンを求めるタイプが多いが気移りな性質は裏を返せば融通性が利く人です。案外色々な人付き合っていける得がある。そして恋のスイッチは入りやすい方だろう。


そんな危宿女性であるデヴィ夫人の2020年は?
内運は衰運
物事のスタートには不向きな年のようですね。人間関係においても上手く行かず、人によっては周囲から反感を買う場合も…過去の清算時期でもあり、自らの問題点がこの時期に浮上する年なので自己改革で前進しましょう。

外運は木曜星
外からの運勢は比較的好調なようです。木曜星に支配された年は実りのある年と言えます。成長できる年とも言えるでしょう。木曜星の年はあぐらをかかずひた向きに努力し前進していきましょう。

問題発言が目立ち度々メディアを騒がせているデヴィ夫人ですが、今後も多くの持論を展開していくでしょう。これからも面白おかしく生き抜いてもらいたい!

元日本代表・奥大介が妻、佐伯日菜子にDV?二人の関係は?|觜宿+危宿

6月10日(月)配信: 宿曜占星術+news

写真:関連ニュース
25b524326月7日、関係者の話から妻で女優の佐伯日菜子さん(36)がサッカー元日本代表MF奥大介容疑者(37)から8年間にわたりドメスティックバイオレンス(DV)を受けていた事がわかった。妻、佐伯の親しい友人によると奥容疑者のDVが日常化したのは結婚から3年たった2005年ごろからだという。奥容疑者は妻、佐伯に対して「お前なんか大した女優でもないくせに」「誰のおかげでメシが食えていると思っているんだ」などの言葉のDVを含め暴行におよぶ事もあったそうだ。事実関係はいまだ不明だが、奥容疑者が佐伯さんを田んぼへ突き飛ばしたところも友人らによって目撃されている。また「お前、浮気しているだろう」となどと言って、佐伯さんの携帯電話を壊したという話もある。そんな中、佐伯は「仕事をすれば文句をつけ、邪魔をされてしまう。この状態では仕事ができない」と周囲に悩みを打ち明けていたそうだ。4日、佐伯はに戸塚署に被害届を提出し、DVを受けた際の録音テープやけがの診断書も用意していた。奥容疑者は「仕事がなくなり、精神的にも参ってしまっている奥を佐伯さんが介護するような状態になっていた」と関係者が明かした。
この二人の関係が、いかなるものなのか、いまだ真相はわからないが、宿曜を通して、彼らの星を見ていきたい。

―このニュースを宿曜から見る!―
奥大介は、1976年2月7日土曜生まれの觜宿、干支は辰(たつ)

理論派の星、それが觜宿だ。弁舌と口先、頭を使って財を築いていくタイプであり、しゃべらせらよく口は回るだろう。知慮で機知巧みな人であり、流れるような口調が魅力的の一つです。人を魅了させる話術に長けています。性格は礼儀正しく実直であり計算高い面がうかがえます。觜宿は一国一城の主として独立するほうが有利でサラリーマンは向かない星だ。しかしながら大将星になれないのが難点で、部下の責任をとるような器の大きさはない。あくまでも一匹オオカミの星であり、人柄も独善的である。徳行高く、慎み深く、礼儀正しい道徳家にも見受けられる。この星の人は、とかく他人が馬鹿に見え、尊大になって敵を作りやすく、人間的な面白味に欠けがちで敬遠されることがあるので、謙虚になるのが肝心だ。觜宿の人をタイプ別に見ると、闘志型教祖型ワンマン型の三つに分けることができる。内面は一貫して慎重で用心深く、すべて計算で事を運んでいきます。ハメを外すようなことはないだろう。そのため我慢強い性格なのだが、酒席では最も注意が必要で、心に溜まっていた鬱憤を吐き出し、人生を棒に振ってしまうトラブルに繋がる事も。こうした性格から孤独な星としての傾向が強く、觜宿の冗舌は、その孤独、寂しさから逃れようとする為に、力を発揮していると考えられる。根は寂しがり屋なのだが、人から自分がどう見えるのかを気にするあまり、みんなの和の中になかなか入っていけないタイプである。また觜宿の土曜生まれ大富豪になると言われている。確かに奥大介は、その座まで上り詰めた人物ではあるが、今回の報道が事実なら非常に残念でならない。

一方で妻の佐伯日菜子はどうだろうか?

佐伯日菜子は、1977年2月16日水曜生まれの危宿、干支は巳(へび)

現実の行動より夢や幻想の世界を好む夢想家タイプであり精神の自由を何よりも尊重する星だ。清廉潔白で、一本調子、悪く言えば「単細胞型人間」にあたる。短気で、おっちょこちょいであり理性よりも感情の星で、短気な人も多いだろう。時々カーッときて手のつけられないように怒ったり怒鳴ったりする人も多く、しかし夕立が去ったように次の日にはケロッとしている。だが根は悪人ではない。初めもなく終わりもなく、締めくくりがないため、他人から見ると義理に欠けるように思われ、それが損をする事も。女性も気ままで、気分屋で、喜怒哀楽は激しく、「女心と秋の空」を地でいくほうだ。乾いてクールな気質を持つ女性が多い。恋愛でも熱しやすく冷めやすく、男性に捨てられたりするとカーッとなって相手を殺したり、自殺したりする人もいる。クールでプライドが高くて婚期を逸する人もいるが一般には早熟である。しかし早い結婚は破れがちでむしろ再婚のほうが幸運をつかめる傾向にあります。

そんな二人の相性は…?

栄親の中距離!これはこの「宿曜占星術」上において最も良い相性だが、狭き門なので異性関係では実例は少ないと言われている。この関係は、互いに壁がない為、礼儀を欠いたり、プライベートな問題まで首をつっこむことになります。その為、互いにレベルUPできる関係で双方に繁栄をもたらす間柄です。觜宿と危宿の栄親関係の場合、互いにエンジョイライフを築ける相性であり、気性の激しい危宿の性格を觜宿が落ち着かせてくれる関係にあります。この2つの宿の場合、性質が全く違う宿同士の為、一つのカルマで言えば、危宿(佐伯)は觜宿(奥)から感情コントロールを学び、觜宿(奥)は危宿(佐伯)から感情の解放を学ぶ関係性になる。今回のDVに関する一連の報道を見る限り、互いの学びの関係性がとても強く作用したように感じる。

宇多田ヒカル!ラジオ放送延期…?それだけでも存在感あり|婁宿(白虎/びゃっこ)

5月22日(水)配信: 宿曜占星術+news

写真:CM
20100810154122_0宇多田ヒカル(30)が、21日に予定されていたInterFM「KUMA POWER HOUR with Utada Hikaru」(毎月第3火曜後10・00)の第2回放送(Episode2)のラジオ放送が延期となった事が、ホームページ上で発表された。これだけでニュースになるとは、さすが宇多田ヒカル!延期となった理由は扁桃腺炎を患ったためとの事だ。宇多田にとっては13年ぶりのラジオのレギュラー番組だっただけにファンも宇多田も残念に思っているではないだろうか。最近、大人っぽくなったとファンから感想が寄せられている宇多田だが、彼女の人間性、スター性、カリスマ性は、どんな星から影響を受けているのだろうか。

―このニュースを宿曜から見る!―
宇多田ヒカルは、1983年1月19日水曜生まれの婁宿、干支は亥(いのしし)

天来のタレント性!婁宿は、西方七宿、白虎(びゃっこ)にあたる位置にあり、物事をこなす事が速い『急速宿』に属しています。大衆受けする星であり、庶民の心を捉える身に備わった特殊な才能があるのだ。巧まざる天来の演技者といえる。商売のうまさにかけては、角宿とともに双璧といえるだろう。婁宿の場合、緻密に計算しながら発展させるというよりも、計算を度外視した独特のアイディア、カン、センスで勝負し、それが一般大衆に受けるのだ。隣りの奎宿が貴族星なら、これは庶民の星だ。何をしても大衆にウケ、愛されるという点は得している。独特の感性を持っている星であり、とても才能豊かです。また批判精神が旺盛な事も特徴で、負けず嫌い、猪突猛進、弾丸のように走り抜ける精神力があり、時に周りが見えなくなる事が多い。その為、心を無心にする気功や禅の世界などに興味を抱く人が多く、熱い情熱を律する環境が必要である。だいたいがワンマンで理屈屋。人のやった事は、どうも気に入らないという性分で、何かひとこと言わないと気が済まない性格だ。ナルシスト性の強い婁宿は「自分は特殊な存在」として位置づけられる事を重視して生きているのだ。しかし、高飛車ではなくツンとしているわけではない。変わり者も多く、根はお人好しで善良だが、自分の仕事とか商売のこととなると、人情もドライに割り切るという、やや冷酷でクールな一面もあるだろう。ただ、気は小さく、器も大きくないため、余程の実力と才能がないと大将星にはなれない。女性の場合、さっぱりとした男っぽい気質がある。性格も淡白で、情味に乏しいというか、クールで乾いた感じだ。気性は強く、頭もよく、理屈っぽい才女が多いだろう。晩婚または独身の運勢があり、自ら結婚を拒否するところもある。いわゆる「男嫌い」の星かもしれない。
宇多田ヒカルは、本調子に戻る事ができるのだろうか。彼女の体調も心配だが、それよりも精神的体力の方が心配である。まだまだ彼女から目が離せない。

ちなみに離婚した紀里谷和明

1968年4月20日土曜生まれの危宿、干支は猿(さる)
写真:公式プロフィール
483999_320369218055456_1252543142_n
危宿は、自由の精神を愛する知的な星であり、知的思考はとても強く、精神の自由を何よりも尊重する為、現実の行動より夢や幻想の世界を好む夢想家タイプだ。尚、土曜の夜に生まれた危宿は、必ず高貴の位に達すると言われている。そんな紀里谷和明も土曜生まれである。