ようこそゲストさん!|ログイン

【辛口】宿曜占星術+news|空海が広めた人の統計学。性格、相性、運勢、恋愛|無料占い

辛口無料占い|性格・運勢・相性・恋愛

/ /

▼ ・・・診断結果・・・ ▼

ここに診断リンクが出ます

Results for tag "yoshiki"

3 Articles

【星宿】なぜ嫌われる?工藤静香が嫌いな女1位に!宿曜で見る彼女の正体は?

18年11月23日(金)配信: 宿曜占星術+news


画像引用元:関連ニュース

「週刊文春」の恒例企画『女が嫌いな女』ランキングは今回で13回目になる。そして今回、2位に200票の差をつけて、1位に輝いたのは工藤静香!2016年頃から徐々に順位を上げてきた彼女だが、なぜここに来て1位となったのだろうか?
元SMAPの木村拓哉の妻であるがゆえにSMAP解散が拍車をかけたのだろうか…あるいは、娘のKōkiがモデルデビューしたことによりアンチを増幅させてしまったのかもしれない。また、XJAPANのYOSHIKIとも交際していた過去もあり、様々なファンからの妬みや嫉妬も入り混じっているだろう。
一方で男性からのアンチな声は少なく、根強い男性ファンは今でも存在している。
今回はそんな『女が嫌いな女』ランキングで1位に輝いた工藤静香の宿曜を見ていきたい!


工藤静香は1970年4月14日火曜生まれの星宿、干支は戌(いぬ)である。
常識なんて関係ない!神聖なものを愛する風雲児!それが星宿だ。この星の特徴は、オリジナリティー溢れる人で自信家で何よりも反骨精神が旺盛ということだ。既成の型にはまることを嫌い、自分独自の道を進もうとします。
反面、それが裏目に出ることもあります。融通性のある才能ではないため、天才か狂人か紙一重になってしまうことも。。
人間としては真面目で義理堅く、やや淡泊だが懐も愛情も深い人だ。ただうつ症のところがあるのでご用心。

女性有名人では、aiko、井川遥、川島なお美、鈴木京香、平愛梨、鬼束ちひろ、華原朋美、ペネロペ・クルスなども星宿にあたる。
どこか目の肥えたクロト女性の雰囲気を感じる。

また、星宿女性は恋愛に関しては遠慮しないタイプで周囲の目も気にしません。アプローチも積極的で盲目的になってしまう怖さもある。相手からの影響も受けやすい性格で場合によっては心身ともにボロボロになってしまうこともあるので注意が必要です。
周囲を気にしない反面、空気の読めないところもあり、根が正直で一本気。「女が嫌いな女」というよりは、「好きな男性に紹介したくない女性」というところだろう。

星宿男性なら「俺流」を貫くタイプで今年何かと話題のZOZOTOWNを運営する実業家、前澤友作氏も星宿になる。

『女が嫌いな女』ランキングで1位になってしまった工藤静香だが、この星の性格からして気にもしてないだろう。逆境を糧とする星宿はむしろ楽しんでしまうかもしれない。また逆を言えば、それだけ注目を浴びている証でもあり、まだまだ彼女から目が離せません。アーティスト工藤静香としても次のステージに期待したい。

メディアに出れば話題となるXJAPANのYOSHIKI様、宿曜で紐解く!心宿(青竜/せいりゅう)

18年4月22日(日)配信: 宿曜占星術+news


画像引用元:関連ニュース

メディアに登場するたびに注目を浴びるXJAPANのYOSHIKI。ネットでも事あるごとにTOPニュースになるなど常に第一線で活躍を続けている。
ここ最近ではリーダー・YOSHIKIの内面にも迫った壮絶なドキュメンタリー映画『WE ARE X』の告知を兼ねてメディアの露出が増えている。2018年では「X JAPAN復活10周年記念 X JAPAN LIVE 2018 アメリカフェス」の開催が決定するなどその挑戦は止まることを知らない。長期に渡り多くのファンから愛され続け、今もなおファンは増え続けている。
やはりそこにはYOSHIKIの人柄、スタイルに魅了される人が多いのではないだろうか。
今回は、そんなYOSHIKIの宿曜を見ていきたい。


YOSHIKIは1965年11月20日土曜生まれの心宿、干支は巳(へび)である。
心宿は、宿曜の中でも読み解くのが難しい星とされています。愛され星の一つで人気運、地位運を持っている。何でもできる器用な人であり別名役者星とも言われている。反面、何でも出来るかわりに何をやっても満たされないという宿命を持っています。
人によってはアレコレ色々な物に手を出して何も手に着かない人もいるでしょう。

人前に出れば明るく、周囲を明るくするムードがあります。反面人をなかなか信用できない傾向があり、根は臆病です。それを打ち消すかのように人前では明るい姿を形成しています。
一人になると自分の趣味に没頭したり、人前にいる時の姿とは別人格に見えます。これは二重人格とは違い、状況に応じて自分を変えられるほど器用な人なのです。
心宿という文字通り心の葛藤、心の闇と常に対峙しています。自分中に何人もの自分が住んでいるのです。
心宿が人をなかなか信用できないのは、自分自身を理解できない、自分自身がわからないからなのだ。それは器用なあまり、自分という器を見定めることが難しいことが原因なのかもしれない。

YOSHIKIという人物にいまでもファンが増え続ける一つの要因として、クールで激しいバンドスタイルの裏ではお茶目で可愛らしい性格・ギャップに惹かれているのかもしれません。
昔から応援しているファンからすれば、その飾らない姿はごく自然な姿でしょう。

彼の奏でる激しくも優しい音楽で今後も世の中を騒がせて欲しい。
これからのXJAPANの挑戦、そしてYOSHIKI自身の挑戦に目が離せない。


他の現メンバー、旧メンバーの宿曜はこちら
胃宿が三人もいることにビックリしました。

Toshlは1965年10月10日日曜生まれの畢宿、干支は巳(へび)

HIDEは1964年12月13日日曜生まれの昴宿、干支は辰(たつ)

PATAは1965年11月4日木曜生まれの胃宿、干支は巳(へび)

HEATHは1968年1月22日月曜生まれの心宿、干支は猿(さる)

SUGIZOは1969年7月8日火曜生まれの胃宿、干支は酉(とり)

TAIJIは1966年7月12日火曜生まれの胃宿、干支は午(うま)

木村カエラ、第2子妊娠5カ月!瑛太(夫)歓喜!|心宿(青竜/せいりゅう)×2

5月15日(水)配信: 宿曜占星術+news

写真:CD+DVD
41xZGb8qNaL._SL500_AA300_2010年9月に結婚した俳優、瑛太(30)と歌手、木村カエラ(28)が第2子を妊娠していることが14日に判明した。現在5カ月で11月に出産予定だそうだ!本格始動する個人レーベルの準備作業などで多忙な日々を送っている木村カエラだが、そんな彼女に瑛太は献身的にサポートをしているようだ。女性アーティストとしては初となる個人レーベルの代表を務めることも決まったのだ。さらに、モデル出身の経験を生かし、アパレルグッズの開発にも挑戦予定で、当面は体調をみながら仕事を続けるという。そんな彼女には、ママとしてもアーティストとしても逞しく頑張って欲しいと願う。一方の瑛太は映画の撮影など多忙を極める中でも出産に立ち会っており、今回も愛妻の“全面バックアップ”のために駆けつけることになりそうだ。
そんな仲睦まじい夫婦は、どのような宿だろうか!?

―このニュースを宿曜から見る!―

木村カエラは、1984年10月24日水曜生まれの心宿、干支は子(ねずみ)
瑛太は、1982年12月13日月曜生まれの心宿、干支は戌(いぬ)

写真:雑誌
o0386049811569928763二人とも心宿!心宿は何枚もの顔を持つ役者星の代表で、多芸で器用で、幅があるのが特徴だ。豊かな愛嬌の持ち主であり周囲を明るくするムードがあり、「人気運」・「地位運」を持っている人です。器用な反面、一つのことに徹底できず、底の浅くなりがちなのが欠点で、自分でもそれはよく知っているはずだ。技術職には、なかなか向かない。性格的にも明と暗の二面性があり、今まではしゃいでいたかと思うと、急にふさぎ込んでしまうようなところがある。表面は明るそうに見えても、心に影を持つ人が多く、一人になると塞ぎ込んでしまうだろう。悪人かと思うと善人であったり、逆に善人相に見えて、ウソツキで策謀家の大悪人もいる。昔のお家騒動などに登場する悪家老のタイプだ。知謀に長け、多芸多才で、主君の顔色をうかがってゴマをすり、その虚をついてお家乗っ取りなどを悪事をやってのけるというわけだ。
しかし、その知慮を善に生かす事ができれば、聡明な人物になる事も可能であり、元々財運はある為、安泰な人生を送る事もできる。心宿のパワーの源は強烈な嫉妬心であり、この嫉妬心が自分の中に多くの人格を作っている。この夫婦の活躍を見る限り、そのパワーを善に生かせてるのかもしれない。

男性ならYOSHIKI(林佳樹)、小沢健二、松坂大輔、松本幸四郎、伊集院静、鳩山由紀夫なども心宿である。

そんな二人の相性は…?

ズバリ「」という関係だ!27宿の中で、最も出会う確立が少ない。しかし、一度会うと強烈に惹かれあう関係でもある。宿の種類にもよるが、心宿の場合、複雑すぎるキャラクターの為、親密に付き合わない方がお互いの身の為ではある。コミュニケーションが最も大事な相性であり、単独で行動し過ぎると相手に不満、不安を与えるだけでなくトラブルの原因となる為、意思疎通が常に大切な相性と言える。もし離婚の危機を迎えても両者共に臆病な為、早期決断はできないだろう。一般とはかけ離れた環境に身を置いている二人だけに、ある種、異質な夫婦環境、家庭環境を作っていくのかもしれないですね。