ようこそゲストさん!|ログイン

【辛口】宿曜占星術+news|空海が広めた人の統計学。性格、相性、運勢、恋愛|無料占い

辛口無料占い|性格・運勢・相性・恋愛

/ /

▼ ・・・診断結果・・・ ▼

ここに診断リンクが出ます

Results for tag "長友佑都"

3 Articles

良くも悪くも本田はリーダー?!サッカー西野ジャパン!主力選手を宿曜で見る!

18年7月5日(木)配信: 宿曜占星術+news


画像引用元:関連ニュース

FIFAワールドカップ ロシア 決勝トーナメントに進出した日本だがベルギー戦では2-3で敗れ敗退したサッカー西野ジャパン。しかし、その戦いには称賛の声も大きい。
ポーランド戦での賛否はあるが、主力メンバーの体力を温存した形でベルギー戦に挑むことができた流れを見ると、西野監督の戦術・采配能力は本物なのかもしれない。
今回はそんな西野ジャパンの主力メンバーを中心に宿曜で見ていきたい。

まずは年齢順に見て行こう


川島 永嗣
1983年3月20日日曜生まれの觜宿、干支は亥(いのしし

長谷部
1984年1月18日水曜生まれの張宿、干支は子(ねずみ)

長友 佑都
1986年9月12日金曜生まれの女宿、干支は寅(とら)

本田 圭佑
1986年6月13日金曜生まれの翼宿、干支は寅(とら)

岡崎 慎司
1986年4月16日水曜生まれの柳宿、干支は寅(とら)

貴士
1988年6月2日木曜生まれの斗宿、干支は辰(たつ)

香川 真司
1989年3月17日金曜生まれの柳宿、干支は巳(へび)

大迫 勇也
1990年5月18日金曜生まれの奎宿、干支は午(うま)

原口 元気
1991年5月9日木曜生まれの壁宿、干支は未(ひつじ)

柴崎
1992年5月28日木曜生まれの胃宿、干支は猿(さる)


ずらっと見て気になった点は、長谷部、長友、本田、岡崎、乾、香川、柴崎の7名はつながりの深い星同士である点だ。リーダー格の長谷部、本田を中心に組織が機能する構成となっている。
とくに張宿(長谷部)、女宿(長友)、翼宿(本田)、斗宿(乾)、胃宿(柴崎)、は栄親の相性で繁栄を表しています。
このメンバーは仕事などでも新規プロジェクトや大舞台で巡り合うケースが多く、大なり小なり会社や時代の黄金期として影響力を残すこととなるのです。
さらに戦いの神に支配されている箕宿が長谷部、本田と同列に居ればより強いチームとなっていたでしょう。しかしこの巡りあわせはそうそうありません。

また、本田の翼宿と岡崎、香川の柳宿は安壊という悪い相性だが、男同士の翼宿と柳宿の場合、力を与え合う、補い合う関係となり、翼宿の本田が上に立つ関係性なら柳宿の才能も生かされ上手く機能する。
やはり本田圭佑はこれまでの日本代表戦を見てもチームのキーパーソンとなっていたことは確かなようです。

奎宿の大迫と壁宿の原口は次のワールドカップまでに彼らの力を高めてくれるメンバーが集まることを期待したい。

本田の持つ翼宿は、徳望と実力で権威の座につく自尊心の高い星です。しゃべり方は穏やかでも、率直で、言葉を飾らない。無駄口を叩かず、建前より本音をすばり言ってのける、そんな人物が多いでしょう。
自分の理想、信念に生きる人で、頑固者。また、目標に向かって絶え間ない努力をする強固な意志を持ち合わせています。そして、人を束ねていくリーダー的資質と統率力が備わっており、才能に恵まれた人が多く、とくに自分を磨くことにかけては余念がなく、とても熱心です。
また「翼」とは文字どおり、ツバサで飛ぶことを意味し、海外に出て成功する運があると言われています。日本代表引退を表明した本田だが、また違った形での活躍に期待したい。

有名人では、吉田茂、江原啓之、黒澤明、佐藤浩市、役所広司、三船敏郎、渋沢栄一、松田優作、島田紳助、野口英世なども同じ翼宿である。


最後に西野朗 監督
西野朗は1955年4月7日木曜生まれの底宿、干支は未(ひつじ)である。

戦上手で戦術家の底宿!

底宿は勝ちにこだわる勝負師だ。故に一般社会やプライベートでは鼻持ちならぬ人物で、嫌われ者になるケースも多々あるが、勝負運もありやや形勢不利と見えても持ち前の粘り強さで勝ち抜いてしまう。戦いが好きで、謀略や陰謀も巧みだ。
度胸もあり挑戦が大好きなやり手のタイプが多いでしょう。

石原慎太郎、長渕剛も同じ底宿である。

さて、次期監督は誰が務めるのだろうか…これまでの日本スポーツ界を見ていくと
・ワールドベースボールクラシック
・澤選手率いる「なでしこジャパン」
・日本女子パシュート
・男子4×100メートルリレー

上記の事柄で共通して言えることは「和」ではないだろうか。やはり日本独特の文化である「和」を中心にまとめることができる日本人監督に期待したい。この日本の地で生まれたことを忘れてはいけない。

サッカー!ザックジャパンを占う!フォーメーションの鍵は本田?香川?|翼宿+柳宿

6月4日(火)配信配信: 宿曜占星術+news

写真:広告
69642_10151455308840310_860460118_n先日、キリンチャレンジカップ2013が30日に豊田スタジアムで行われ、日本代表とブルガリア代表が対戦したが、結果は無得点で0-2と完封負けを喫した。課題の残るザックジャパンだがワールドカップ出場権をかけたアジア最終予選で、オーストラリア代表と今日(6/4)、ホーム(埼玉スタジアム)で対戦する。番組開始は18時30分より放送される予定だ。
そんなザックジャパンだが、どんなフォーメーションでいくのだろうか?宿曜を通して、各選手の宿、相性を見ていきたい。

―まず、監督並びに選手の宿の見ていく。―

ザッケローニ監督は、1953年4月1日水曜生まれの房宿、干支は巳(へび)
本田圭佑は、1986年6月13日金曜生まれの翼宿、干支は寅(とら)
香川真司は、1989年3月17日金曜生まれの柳宿、干支は巳(へび)
長友佑都は、1986年9月12日金曜生まれの女宿、干支は寅(とら)
岡崎慎司は、1986年4月16日水曜生まれの柳宿、干支は寅(とら)
清武弘嗣は、1989年11月12日日曜生まれの畢宿、干支は巳(へび)
長谷部誠は、1984年1月18日水曜生まれの張宿、干支は子(ねずみ)
遠藤保仁は、1980年1月28日月曜生まれの参宿、干支は猿(さる)
中村憲剛は、1980年10月31日金曜生まれの張宿、干支は猿(さる)
前田遼一は、1981年10月9日金曜生まれの奎宿、干支は酉(とり)
内田篤人は、1988年3月27日日曜生まれの柳宿、干支は辰(たつ)
今野泰幸は、1983年1月25日火曜生まれの井宿、干支は亥(いのしし)
吉田麻也は、1988年8月24日水曜生まれの虚宿、干支は辰(たつ)

↑主に、代表枠確実の選手をピックアップした。↑

ざっと見ると、このチームは本田が居ないと成り立たない構図になっている。本田の翼宿は元々リーダー性の高い星で、統率力もある。また翼宿と相性の良い宿がとても多く、本田の重要性を示している。
まず、本田(翼宿)は長友佑都(女宿)、長谷部誠(張宿)、中村憲剛(張宿)、清武弘嗣(畢宿)の四人と栄親の関係であり、これは宿曜の中で最も良い相性とされている。また今野泰幸(井宿)、吉田麻也(虚宿)とも成危関係と友衰関係で成り立っており、本田の位置からはバランスの良い選手が多く存在しており、周囲に四人も栄親関係が存在してる事はである。

ちなみに、長谷部誠(張宿)、中村憲剛(張宿)も大将星であり、リーダー各だ。

次に香川(柳宿)だが、ここは厳しいように感じる。
本田圭佑(翼宿)とは安壊の関係であり、もっとも破壊作用が生まれる関係性だ。また遠藤保仁(参宿)とも安壊関係にあたる。共同作業に最も必要とされる栄親関係が一人も居ないのだ。唯一いるとすればザッケローニ監督の房宿ぐらいである。

そして前田遼一(奎宿)も、あまり良いとは言えない。
本田(翼宿)、遠藤(参宿)と安壊関係にあり、香川と同じような状況だ。しかし、香川(柳宿)と前田(奎宿)は、ザッケローニ監督との相性は栄親の関係である。だが…やはり選手同士の相性の方が重要だと感じる。

香川(柳宿)も前田(奎宿)もリーダー各ではなく、あくまでも一匹オオカミの星だ。その為、彼らを引き立ててくれる宿が必要なのだが…それが今の日本代表には居ない。
実力、実績ともに香川は日本のエースと呼んでも良いだろう。しかし、現日本代表メンバーでは香川は生きない構図として見れる。
日本 対 オーストラリア戦には怪我から復帰したとみられる本田圭佑(翼宿)も出場する。どんな戦いになるのか注視して見ていきたい。

ガンバレ!日本!

長友佑都!今季を振り返り(呪われたようなシーズンだった)と…|女宿(玄武/げんぶ)

5月20日(月)配信配信: 宿曜占星術+news

写真:CM
156296_40019日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルはホームでウディネーゼと対戦。試合は2-5で敗れた。フル出場した長友は試合後、シーズンを振り返り、こう語った「個人レベルでもチームレベルでも、多くのけががあり、少し呪われたようなシーズンでしたね」と。ひざの負傷から復帰2戦目となったが、怪我については「ひざはもう大丈夫ですよ。先日の試合も問題ありませんでしたしね」と語り、「手術をしなかったことは、誰かが書いたり言ったりしたようにコンフェデレーションズカップに出場したかったからではないです。近い将来のキャリアを慎重に考慮して、この決断を取りました」と、手術を受けなかった真相を語った。さらに続けて「シーズンを通して僕を信頼して支え続けてくれたファン、監督、メディカルスタッフ、そして会長にお礼を言いたいですね」とコメントし、シーズンを締めくくった。
そんな長友佑都だが、去年から今年にかけて、浮き沈みを繰り返しているようだ。一体彼は、どんな宿から影響を受けているのだろうか?

―このニュースを宿曜から見る!―
長友佑都は、1986年9月12日金曜生まれの女宿、干支は寅(とら)

女宿生まれの男性は、とても真面目な実直なタイプだが、極端なワンマン型もいる。しかし、どちらの場合も、内面では、すみずみまで注意が行き届いていて何か計画を実行する際は、綿密な調査をかかさないし、細部にまで注意が払われていて、とても緻密で策略的です。古風な言い方をすると、とても念力が強い人です。ちょっといじましい陰性の性質を秘めているけれど、底知れぬパワーと高度な精神性が宿っています。 二枚腰の粘りがあり、コツコツと自己研磨を重ねる性格なので、いつの日か大きな成果を勝ち取る人でもあります。プライドは極めて高く、ペダンティックで鼻持ちならぬ人もいるだろう。自分に厳しく他人にも厳しいサディスティックな性格ですが、あまり度が過ぎると人から疎まれることもあるようだ。自分の信念については結構多弁になり、仕事師で力量もある。ものごとの裏面を熟知しているので、キレイごとが嫌いな宿星でもあります。その上、根が正直すぎて損をする事があるぐらいだ。教養や見識、知識がないと、女宿の持つ女性質が悪く働き、男なら女の腐ったようなグズ型人間になり、女のヒモになるような人もいるだろう。

宮川大輔、本木雅弘、宇治原史規、加藤清史郎、村上隆、ビートたけし、西部邁、山田正彦なども女宿である。

女宿は、一時に熱中すると、すごいエネルギーを出し、神がかりになったりすることがある。しかし、ワンマンとして一時は飛ぶ鳥を落とす勢いに乗ることが出来ても、もろく、はかない終末を迎える傾向があるので注意が必要だ。
また、政治力が長けており、ドロドロした状況ほど燃えるタイプだ。ただ…人を操る事を得意とする反面、自分の感情のコントロールできない為、あと一歩のところで成功の逃しやすい傾向がある。堅実な世界で、妙な野心を捨て、トップを狙うより次席に甘んずることを心がければ、安泰な生涯を送ることが出来る。一匹狼は不利な星である。
ここ最近の長友のプレーを見ていると、アシストによるチームプレーよりも個人プレーが目立つかもしれない。長友佑都にとって2013年は、どのような修正が必要なのか、彼自身も悩んでいる事だろう。今年は「」の年であり、昨年に続けて良い運勢だ。自らの采で運を破らず突き進んでほしい。