ようこそゲストさん!|ログイン

【辛口】宿曜占星術+news|空海が広めた人の統計学。性格、相性、運勢、恋愛|無料占い

辛口無料占い|性格・運勢・相性・恋愛

/ /

▼ ・・・診断結果・・・ ▼

ここに診断リンクが出ます

Results for tag "剛柔宿"

3 Articles

歳をとらない?謎の天然美人特集

19年7月7日(日)配信: 宿曜占星術+news


画像引用元:関連ニュース

この人はなぜ歳をとらない?そんな人は身近にいないだろうか。芸能人でも年齢を感じさせないほど若々しい人がいる。彼女たちの共通点はなんだろうか?
今回は、若さの因果関係について宿曜を通して見ていきたい!



まずご紹介したいのは女優の沢口靖子です。ドラマ「科捜研の女」を見るたびに”本当にこの人は歳をとらない人だな”と感じさせます。
沢口 靖子は1965年6月11日金曜生まれの房宿、干支は巳(へび)和善宿(青龍)せいりゅうである。



そして次も女優の松原智恵子。最近ではバラエティー番組に出演している、現在は74歳にもなるがその年齢を感じさせない美しさは今でも健在だ。
松原 智恵子は1945年1月6日土曜生まれの底宿、干支は酉(とり)剛柔宿(青龍)せいりゅう である。



この人は外せない!女優の石田ゆり子です。誰もが彼女の年齢と外見のギャップに驚くばかりです。しかも化粧は薄く昔よりも若返った印象すらあります。本当に驚きの女優さんです。
石田 ゆり子は1969年10月3日金曜生まれの鬼宿、干支は酉(とり)急速宿(朱雀)すざくである。



やはり女優が多いですね、続いても女優の岡田奈々です。昔の写真を見ると現在の中条あやみと重ねてしまう。顔立ちが綺麗なのはもちろんだが、これが60歳とは思えないほどの美しさですね。
岡田奈々は1959年2月12日木曜生まれの胃宿、干支は亥(いのしし)急速宿(白虎)びゃっこである。



そして最後に紹介するのはタレントの飯島直子だ。どこか母性愛に溢れる印象を感じる女性で美しさと柔らかさを備えている。最近は再婚してからあまりテレビで見かけない印象だが、それでもその美しさは健在だ。もしかするとAIロボットかもしれない、、とまで考えさせられる。
飯島直子は1968年2月29日木曜生まれの婁宿、干支は猿(さる)急速宿(白虎)びゃっこである。


今回は芸能人を中心に5名の女性を参考にしたが宿曜で使われる宿の種類はバラバラで特に共通点は見られない。しかし、七宿分類法で区別される宿では少し共通点が見られた。
七宿分類法ではこちら「安住宿、和善宿、悪害宿、急速宿、猛悪宿、軽躁宿、剛柔宿」の七つの分類がなされている。
各意味は以下の通りです。
安住宿 に影響を受ける人は安楽な生涯で、名声を博することを意味しています。
和善宿 に影響を受ける人は柔和温厚で聡明、学問を愛します。
悪害宿 に影響を受ける人は毒があり剛猛です。
急速宿 に影響を受ける人は剛健で、物事をなすのに早く、筋力があります。
猛悪宿 に影響を受ける人は信仰厚く出家等に縁があります。
軽躁宿 に影響を受ける人は軽軽しい行動がありますが、性質はまっすぐです。
剛柔宿 に影響を受ける人は剛と柔の両面をもっています。

今回の芸能人の中で石田 ゆり子、岡田奈々、飯島直子の三名が急速宿を持っていました。
急速宿の人はフットワークが軽く臨機応変の対応力が優れている人です。対応の変化にも強く要領の良い人でしょう。この手の方は意外にも見た目はおっとりした方が多く、むしろそのおっとりとした性質が対応力の幅を広げているのです。難点は色々と引き受けてしまう性格で良からぬ誘いに乗ってしまい失敗することも多いでしょう。

やはり若さの秘訣は「めんどくさくない人?」フットワークが軽く臨機応変で対応力がある。そんな人なら眉を顰めるなんてことは少なそうですね。人間歳をとると沢山の人生経験をします。その中で自分の好き嫌いが生まれ視野や考えが狭くなりフットワークや対応力が落ちてしまう。
若さの秘訣とは、もしかすると「おっとり」することなのかもしれません。自然体であらゆることを体感してみる、受けてみるという姿勢が体や表情に現れるのでしょう。

体は心を表し、心は体を表す。そこに尽きるのではないでしょうか。
視野を広げて心を広げてあなたもなぞの天然美人に!

今回は謎の天然美人についてご紹介しました。

第9回『好きなお天気キャスター』首位は長野美郷!|底宿(青竜/せいりゅう)

6月15日(土)配信: 宿曜占星術+news

写真:2013年カレンダー
A240_I1毎年恒例となった『好きなお天気キャスター/気象予報士』アンケートがはじまり、今回で9回目となる。今年第9回の『好きなお天気キャスター』は朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)で、お天気キャスターを務める長野美郷が首位を獲得した。昨年まで3連覇中であった絶対王者「天達武史」を抑え見事に初の栄冠を飾ったのだ。ユーザーからは「可愛いけど高飛車じゃない感じや自然な感じが同性から見ても憧れる。ずっと応援したくなる」特に男性視聴者からは「可愛らしくてほんわかしていて朝から和むから」などというようなコメントが多く見られた。尚、男性お天気キャスターなどでは依田司なども上位にランクインしてきており、女性視聴者からの支持を多く集めていたようだ。今回は、2013年、女子アナランキングなど含め、宿曜で見ていきたい。

―宿曜で紐解く!―
長野美郷は、1986年11月27日木曜生まれの底宿、干支は寅(とら)『剛柔宿』

底宿には、剛柔2つのタイプに分かれるが、長野美郷はソフトな柔型だろう。女性の場合、柔型になると男性からモテる傾向が強く、表面の温和なところが魅力として映るのだろう。しかし、本質は内弁慶でタフで意志強固です。強がりで負けず嫌いな性格が露骨に出てしまうと、周囲から距離を置かれる事もあるので要注意である。
ちなみに天達武史は、
1975年4月18日金曜生まれの鬼宿、干支は卯(うさぎ)『急速宿』
である。

■次に2013年女子アナランキングの各宿を見ていこう。

好きな女子アナランキング▼

1位 大江麻理子
1978年10月21日土曜生まれの鬼宿、干支は午(うま)『急速宿』
2位 加藤綾子
1985年4月23日火曜生まれの觜宿、干支は丑(うし)『和善宿』
3位 赤江珠緒
1975年1月9日木曜生まれの箕宿、干支は卯(うさぎ)『猛悪宿』
3位 夏目三久
1984年8月6日月曜生まれの箕宿、干支は子(ねずみ)『猛悪宿』
3位 水卜麻美
1987年4月10日金曜生まれの角宿、干支は卯(うさぎ)『和善宿』
6位 有働由美子
1969年3月22日土曜生まれの畢宿、干支は酉(とり)『安住宿』
7位 枡田絵里奈
1985年12月25日水曜生まれの井宿、干支は丑(うし)『軽躁宿』

嫌いな女子アナランキング▼

1位 田中みな実
1986年11月23日日曜生まれの翼宿、干支は寅(とら)『安住宿』
2位 安藤優子
1958年11月19日水曜生まれの壁宿、干支は戌(いぬ)『安住宿』
3位 高橋真麻
1981年10月9日金曜生まれの奎宿、干支は酉(とり)『和善宿』
4位 加藤綾子
1985年4月23日火曜生まれの觜宿、干支は丑(うし)『和善宿』
4位 中野美奈子
1979年12月14日金曜生まれの亢宿、干支は未(ひつじ)『軽躁宿』
6位 秋元優里
1983年10月25日火曜生まれの鬼宿、干支は亥(いのしし)『急速宿』
7位 青木裕子
1983年1月7日金曜生まれの房宿、干支は亥(いのしし)『和善宿』

女子アナランキング、第1~5回まで1位で5連覇を達成した高島彩は、
1979年2月18日日曜生まれの尾宿、干支は未(ひつじ)『悪害宿』
である。

これはかなり面白い結果となった。「嫌いな女子アナ」には、安住宿や和善宿などが多く、母性が強く後輩の面倒見も良い方だろう。根が柔和温厚な人であり、この星に支配された女性は、一見するとキツそうな女性が多いが、自分を犠牲にしてでも愛した者を守り抜く強い星だ。
反対に「好きな女子アナ」には、長野美郷、高島彩含め才女型、自主独立型、アネゴ肌系の宿が多く存在しており、女性の方に有利な宿が多く、逆にデキ過ぎて男をダメにしてしまうほどである。あくまでも自分本位な性質が強い。
やはり競争の厳しい女子アナの世界では、こうした女性が上位に来るのかもしれない。

柴咲コウと三宅健がマンションで自宅デート?|底宿×2

6月14日(金)配信: 宿曜占星術+news

写真:CM
11073003-haagendazs-sibasaki10柴咲コウ(31才)の住むマンションにV6の三宅健(33才)と二人で入る様子が目撃されたようだ。両者の日記(ブログ)には共通の話題が存在し、親密さを裏付けるものかもしれない。二人が同マンションで目撃された日、三宅は柴咲の自宅を訪れてから1時間ほど経った後、ひとり彼女のマンションから出てきたそうだ。これまで音楽番組で共演するなど旧知の仲だったが、そんな二人が急接近したのは今年に入ってからだそうで、被災地に支援に行ったり、動物が好きだったりなど、共通点が多かったことから意気投合したのではないかと言われている。しかし交際の真意については、本人の二人にしかわからないだろう。
そんな二人は、どんな関係性にあるのか宿曜で見ていきたい。

―このニュースを宿曜から見る!―

柴咲コウは、1981年8月5日水曜生まれの底宿、干支は酉(とり)

三宅健は、1979年7月2日月曜生まれの底宿、干支は未(ひつじ)

写真:公式ツイッター
4882f07ba78a730642071451a806714c両者共に同じ宿でした!底宿は「剛柔宿」に属している底宿にはソフトな()のタイプと荒っぽい()に分かれる。この二人の場合、両者共に表面はソフトだが、内面は荒っぽい(剛)だと感じる。本質は内弁慶でタフで意志強固だ。負けず嫌いで、いったん決めたことは、どんなことがあってもやり遂げる力強さもあるだろう。男女ともに言える事は上司からも意外に可愛がられるところがあり、「人気運」と「物質運」の強い運勢を持ち合わせている。女性の場合、アネゴ肌で頑張り屋、独立意思の強い人で婚期の遅れる人が多いだろう。強情な性格で男運は、あまりよくない。よほどの器の大きな男性でないと、まずついていけないだろう。男性の場合、サラリーマンは不向きで自主独立の世界を目指すのも悪くない。しかし、一般にはあまり野心を抱かぬ方が無難である。底宿は非常に運勢の強い星で、ツキ運、財運と幸運な宿だが、調子に乗りすぎて理性謙虚さを失うと、自ら運を破る傾向もあり注意が必要だ。

そんな同じ宿同士の相性は…?

同じ宿はの関係にあたります。運命的な縁、出会いの確率は一番低い似た者同士だ。まるで相手を鏡で見ているような感覚になり、付き合いにくい相手となる事もあります。出会いの場所によっては急速に近づく相性で、性格に共通点が多く、強い運命を感じるでしょう。出会ってすぐ恋に落ち盲目的になりやすく、はじめて会った時から他人のような気がせずに、意気投合してしまうのです。長所短所が似ているのも特徴の一つ。
和善宿である(觜・角・房・奎)と、安住宿である(壁・斗・翼・畢)の場合は穏やかな性格の者同士なので大きな波風は立ちません。
底宿同士の場合、底宿は協調性がある為ある程度、距離をもって付き合えば良き理解者として関係を継続する事はできるが、「剛柔宿」に属する底宿は相手よりも優位に立ちたいという性質があります。それが原因で不満が溜まりやすく、意見の相違というよりは、同じ星だけに欠点がぶつかり合うという感じだろう。「命」という関係性は最初は意気投合しあいスムーズな関係を構築する事ができるが、長く付き合うにつれて意思疎通が常に大切な相性となる。単独行動には要注意な相性である。