ようこそゲストさん!|ログイン

【辛口】宿曜占星術+news|空海が広めた人の統計学。性格、相性、運勢、恋愛|無料占い

辛口無料占い|性格・運勢・相性・恋愛

/ /

▼ ・・・診断結果・・・ ▼

ここに診断リンクが出ます

Results for tag "田中角栄"

3 Articles

26人目の国民栄誉賞、羽生結弦!彼の持つ宿曜は自信家の室宿だった!

18年7月14日(土)配信: 宿曜占星術+news


画像引用元:関連ニュース

平昌五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇を成し遂げた羽生結弦の国民栄誉賞表彰式が7月2日官邸で行われた。
そもそも国民栄誉賞とは?
国民栄誉賞は、内閣総理大臣表彰の一つで、福田赳夫内閣時代の1977年に定められた国民栄誉賞表彰規定に基づいています。その目的は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」と規定されています。プロ野球で本塁打世界記録を達成した王貞治氏をたたえるために創設したのが始まりと言われています。
そんな中、歴代最年少23歳での受賞となった羽生選手。授賞式では伝統織物のはかま姿で登場し注目の一つになった。表現者として常に高い意識を保っていることは確かだ。
今回はそんな羽生結弦を宿曜で見ていきたい。


羽生結弦は1994年12月7日水曜生まれの室宿、干支は戌(いぬ)である。
さすがスターの多い室宿生まれ!室宿男性はスター性の素質があり、良くも悪くも注目を浴びる人が多い星です。むしろ注目を集めるのが上手いというのが本筋でしょう。
根は楽観的で陽性の星だ。自信に溢れ「自分は選ばれた人間だ」という自負がどこかにあるのが特徴です。そのため「俺が俺が」という意識が強すぎて自分中心になり憎まれ者になるケースも多々ある。
しかし、室宿はその時代・その環境に求められている人物像を捉えることが上手く、その上、自分の演出力も高い。男性なら恥ずかしくなるようなキザな言葉でも平気で言えるメンタルの持ち主だ。恋愛では口説き名人とも言えます。反面一方通行になりがちで相手がどう思うかよりも、自分がどう見られるかに重点を置いているため、自分の信念に忠実で独自性を貫いていきます。わかりやすく言うと自分の見せ場を作るのが上手い人なのです。

故に10年、20年、30年経つと、世間の価値観やモノの見方が変わり、人気者から嫌われ者に転じる恐れもあり、反対に嫌われ者から人気者に代わる要素も持っています。
対異性でも一定の女性層からはかなりモテますが、もう一方の女性からはあざといと思われ敬遠されてしまうでしょう。極端に生きる室宿ならではです。

他の有名人では田中角栄、木村拓哉、櫻井翔、斎藤佑樹、高田純次、出川哲朗なども同じ室宿にあたります。
やはり時代によって明暗がハッキリする方が多いようです。


また室宿は人とかぶることを好ましく思っていません。流行に流されるよりも自分から流行を作る方が上手い人と言えるでしょう。
また一定のヒューマニズムを持っているのも室宿の特徴だが、内面的にはヒューマニズム性があるのだが、対外的にはむしろ物質主義の人だ。
自分が印象良く見られる方法から、相手を喜ばせる方法、または同情を誘う方法まで、ありとあらゆる引き出しを持っていますが、行動と言動に乖離が生まれやすく誤解されてしまうこともあるでしょう。
趣味嗜好は一流を好みなんでも熱心に取り組みます。また美的センスも抜群で、しかもそうした趣味が自分の仕事や商売に結び付くといった抜け目のなさがあるのです。


2018年室宿の運勢は?
2018年は「」の年!この年は成功へと導く年であり様々なシーンで活躍が期待されます!「成功、成就」を意味します。国民栄誉賞を受賞した羽生選手はまさに文字通り成功の年となったようですね。

まだまだ羽生選手は日本を騒がせてくれそうです。今後益々の活躍に期待したい!

二刀流・大谷翔平!実力と人気は比例してるか?+斎藤佑樹|觜宿+室宿

5月21日(火)配信: 宿曜占星術+news

写真:Wikipedia
Fighters_ohtani_11プロ野球で今週最大のニュースは二刀流ルーキー、大谷翔平投手の1軍投手デビューである。破格の扱いを受ける大谷の試合は、前売り券の売れ行きも上々で、好スタートかと思われる。しかしテレビの視聴率を見ると、フジテレビ系が第3戦(5月7日)をTBS系がそれぞれ地上波で生中継した。ところが関東地区の視聴率はわずか2.6%!TBS関係者は「こんなに世間の関心が低いとは…」と思わず本音をさらした。一方で2年前に社会現象にまで発展したゆーちゃんこと「斎藤佑樹投手(24)」とでは、同列に語る事はできない。どちらかと言えば、斎藤投手は、その出で立ちや品、ルックスなどが女性層からの支持を受け、人気を集めた要因だ。一方でルーキ大谷投手は、二刀流という球界まれな選手という事で注目を集めているにすぎない。野球好きのファンなら彼の特異性特殊性を理解できるかもしれないが、あまり野球を知らない一般人にとっては、その凄みが理解できないのではないか。
そんな二人は、どんな宿から影響を受けているのだろうか?斎藤佑樹も含め、早速見ていきたい。

―このニュースを宿曜から見る!―
大谷翔平は、1994年7月5日火曜生まれの觜宿、干支は戌(いぬ)

西方七宿、白虎(びゃっこ)に位置する觜宿は、闘志型、教祖型、ワンマン型の三つに分けることができる。二刀流を維持する大谷は、おそらくワンマン型闘志型だろう。知的で理論的、知識欲も貪欲で、エネルギーは旺盛。転んでもただでは起きないという粘りもあります。悪運も強いほうで、最後には目的を貫徹する人だろう。人柄は独善的で悪の強いタイプがある一方、徳行高く、慎み深く、礼儀正しい温厚な道徳家も見受けられる。知慮で機知巧みな人であり、何事にも保険をかける傾向があり、仕事にも抜け目がない。感情よりも打算的な性質がこの宿の特徴です。金持ち星としてしては、恵まれた星であり房宿と共に「物質運」「財運」、高い社会的「地位運」を持っている人です。慎重で用心深く、すべて計算で事を運んでいきます。ハメを外すようなことはないだろう。どこか古風な印象も受ける。日頃は無口でも、しゃべらせれば、何しろ理屈っぽく、口がよくまわる。独善的な傾向も強く一国一城の主として独立する方が有利な星です。この星がもっとも注意すべきは、とかく他人が馬鹿に見え、尊大になってを作りやすく、人間的な面白味に欠けがちで敬遠されることがあるので、謙虚になるのが肝心だ。普段真面目でハメを外すことがない反面、酒席での振る舞いには注意が必要である。大谷翔平の二刀流は、彼の野球人生における保険なのかはわからないが、虚栄心見栄の無い觜宿からすると、自らの力を見せつける行為でない事は確かだ。

一方で斎藤佑樹はどうだろうか?

斎藤佑樹は、1988年6月6日月曜生まれの室宿、干支は辰(たつ)
写真:公式プロフィール
migあの巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄、大リーグで活躍した松井秀喜も室宿である。ユーモラス性のある室宿には、やはりスター性を秘めている。自由な創造性と子供のような感性を秘めています。内面は意志が強く、自信家であり、「俺が、俺が…」の精神を持ち合わせている。外見からは見定めがたい人もいるが、幼少期時代はクラスの中でも強烈な個性を出していただろう。無邪気な性質があり、友人は多いのだが、心から話し合える真実の友人は少なく、自分中心で相手の心が理解できず、理解しようともしないからだろう。自分以外の事は我関せずといった性分だ。その為、ダイナミックな事を常に考えている人でもあり、実力もある星だ。それでいて「ヒューマニズム」といった言葉には案外弱いところがあります。内面的思考の世界にヒューマニズムが宿っており、対外的にそれを押す出す事はなく、対人関係は物質主義である。なので気持ちと行動にズレが生じる事が多く、誤解を招いてしまう事もしばしば。

三遊亭円楽、タモリ、なだぎ武、木村拓也、草なぎ剛、出川哲朗、河本準一、藤原竜也、櫻井翔、高田純次、田中角栄なども室宿である。

物質主義の高い室宿は女性を口説く名人でもある。見え透いたお世辞も照れずに口に出すので、一見フェミニストだが、かなりのドンファンもいる。それも女の心を買うのではなく、モノとしてみる傾向があるだろう。女性を見る目は肥えているはずだ。万事につけ一流品好みであることも室宿の特徴と言える。
女性層からの人気の高い斎藤佑樹は、室宿特有の魅力を放っていたのかもしれない。一般に運勢の強い星だが、あまりに自己中心、自己過信が過ぎると、それが裏目に出て裏切られたり、事業に失敗する危険もある。すべてにおいて「控えめ」にするのが生き方のコツだ。

今後も彼らの活躍に期待したい!

国民栄誉賞W受賞!ミスター長嶋!&ゴジラ松井!|室宿(玄武/げんぶ)×2

5月5日(日)配信: 宿曜占星術+news

PN2013041801001121.-.-.CI0003プロ野球・巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄さんと、日本野球(ジャイアンツ)や大リーグで活躍した松井秀喜さんの国民栄誉賞の表彰式が今日5日に行われた。東京ドームで行われた表彰式は、安倍首相から賞状や記念品などが授与され、豪華な表彰式となった。
ミスター長嶋の様子は、やはり脳梗塞の影響なのか、体調が良い方ではなかった。しかし、そんなミスター支えるかのように松井秀喜がサポートしていた光景は、野球ファンなら誰もが胸に熱い想いを抱いたであろう。
そんな二人の宿曜は、一体どんな宿なのか気になる!
写真:関連ニュース

―このニュースを宿曜から見る!―
長嶋茂雄は、1936年2月20日木曜生まれの室宿、干支は子(ねずみ)
松井秀喜は、1974年6月12日水曜生まれの室宿、干支は寅(とら)

なんと、二人とも室宿という偶然!室宿はヒューマニズムに弱い面があり、話術にも丈ており、人の心を掴む事が上手い星でもある。あの田中角栄も室宿だ。
室宿の人の幼少期時代はとても気性荒く、常に自分を特別視するタイプであり、オラオラ少年であった事は間違いない。その為、成人後は角が丸くなり、独特の雰囲気を醸し出してくるのも特徴。また木曜生まれの室宿は吉と言われており、長嶋茂雄さんも、その一人である。長嶋さんの数々の名言や天然と思われる発言は、田中角栄さん同様に、巧みな話術の一つだったのかもしれない。室宿の人ならわかりますよね。