ようこそゲストさん!|ログイン

【辛口】宿曜占星術+news|空海が広めた人の統計学。性格、相性、運勢、恋愛|無料占い

辛口無料占い|性格・運勢・相性・恋愛

/ /

▼ ・・・診断結果・・・ ▼

ここに診断リンクが出ます

Results for tag "日本テレビ"

4 Articles

滝裕可里!超天然?(浜ちゃんが!)にゲスト出演!|鬼宿(朱雀/すざく)

6月6日(木)配信: 宿曜占星術+news

写真:CM
smile6月6日(木)日本テレビ系列「浜ちゃんが!」にゲスト出演した滝裕可里だが、超天然・奇想天外ぶりを披露した。現在大阪在住の滝は、休日の大半を自宅である実家で過ごすそうで、プライベートのファッションなどは、大阪、梅田のルクアのみで購入するそうだ。しかしインドア派の彼女には、それなりの理由があったようだ。毎日、地上波のドラマを全て録画してるそうで、録画機のハードディスクは、なんと2TBもあり、昼ドラまでも録画して見るそうだ。ドロドロしたドラマが好きなようで、映画では007などのアクション好きである事も明かした。アクション映画を見終わると、そのアクションに感化されるらしく、番組中、誰も進めていないなか、勝手にスパイ風の演技をコミカルに実演していた。浜ちゃんもかなりの天然ぶりに困惑していた様子だったが、なんとも自由奔放な彼女の動きは一つの魅力にも感じる。また滝裕可里は、大のイルカ好きらしく、どうしてもイルカと働きたく、イルカの調教師になる為に18歳の時、和歌山アドベンチャーワードに就職活動したようだが、先方の面接官からは、芸能との両立は無理!と断られたそうだ。そりゃそうだ…と言いたくなる場面であったが、なんとも憎めない可愛らしい滝に浜ちゃんも終始笑うしかない状況であった。番組後半では、そんな滝の為に、水族館へ行く事に。滝とキム兄でイルカのトレーナー体験う事となり、番組そっちのけで滝は大はしゃぎしていた。やはり女優というだけあって、彼女の天然っぷりは、演技?なのかもしれない。早速彼女の宿曜を見ていきたい。

―このニュースを宿曜から見る!―
滝裕可里は、1987年10月14日水曜生まれの鬼宿、干支は卯(うさぎ)

THE自由人の鬼宿!彼女の天然っぷりは、演技ではなかったようです・・・鬼宿は、身の動きが軽く、変わり目の速いのが特徴。放浪性があり、1人で旅に出るのが好きな星だ。好奇心旺盛で休むことを知らず、他から見ると気まぐれで、いつも軌道を外れてめまぐるしく動いているように見えるだろう。しかし本人は真剣なのだ。束縛される事を何よりも嫌い、個人行動する星である。近い人物で言えば4月1日付でニューヨーク支局へ転勤となったテレビ東京アナウンサー大江麻理子も鬼宿にあたる。

高木美保、ともさかりえ、りょう、鈴木保奈美、富田靖子、島谷ひとみ、ミラ・ジョヴォヴィッチなども鬼宿女性だ。

教養とか技術がないと、軌道を外れっぱなしで、どこに飛んでいくかわからず、住むところも定まらぬフーテンになりかねないが、なかなか大物の出る宿星だ。頭領運もある。外見からは見定めがたいが意外と計算高い。また内面は健全な精神の持ち主でフロンティアの精神が高く、新しい道を切り開いていくタイプで、何よりも発明発見の才があります。女性の場合、身のこなしは軽やかで、悪く言えば「尻軽女」。世間知らずの箱入り娘なのに、生き方は自由奔放というタイプが多いだろう。いつまでも結婚せずふらふらとしているようなタイプもいるが、この星の人に関しては深刻型は少ない。勝負運、財運、地位運、ツキ運と運勢の強い星で、体も丈夫で、労せずして金の入るという恵まれた運勢の持ち主だ。霊感的な感覚、直観力を持ち合わせおり、順応性は極めて高い。ただ、うっかり軌道を外すと、つまらぬ男性に引っかかったりする危険性もあるので、用心が必要だろう。鬼宿女性の、あっけらかんと太陽に向かって笑顔を放つ姿は、とても印象的である。滝裕可里は今後、バライティーでの活躍も増えそうだ。

山岸舞彩!セクハラ被害?でも…(受けた認識ない)|柳宿(朱雀/すざく)

6月4日(火)配信: 宿曜占星術+news

写真:2013年カレンダー
51qTyKkjx3L._SL500_AA300_フリーアナウンサーの山岸舞彩が日本テレビ系『NEWS ZERO』の男性プロデューサーからセクハラ被害に遭ったと報じられたことについて、3日に山岸は「こういった報道になったのは残念に思っています。私自身、セクハラを受けたという認識がなかったので、こういう風に報道が一人歩きして残念。不本意です」と説明した。詳しい詳細については「全てをお話する立場ではないので」と歯切れの悪い様子だが、自身の公式ブログで改めて同報道を否定し、ブログ内では「他の方から見たらどう映るかわかりませんが、私としてはセクハラを受けたという認識はありませんでしたし、セクハラという言葉を自分の口から発した事もありませんでした」と説明した。報道が「一人歩きしている」とイベント時に語っていた。
なんとも言い難い状況だが、日テレ側が圧力で山岸を口止めしたとしても疑問点が残る。そもそも一度報道したものを撤回するような報道はしないだろうし、日本テレビ系『NEWS ZERO』の男性プロデューサーを処分してるあたりを考えると、山岸舞彩のセクハラ騒動は山岸の真意を確かめる前に、話が大きく膨らんだようにも感じる。実際の真意はわからないが、彼女のルックス、スタイルを見ればセクハラを受けても疑問に思う人は少ないだろう。それだけ彼女(山岸舞彩)は魅力的な女性という事だ。そんな彼女の宿曜を早速見ていきたい。

―このニュースを宿曜から見る!―
山岸舞彩は、1987年2月9日月曜生まれの柳宿、干支は卯(うさぎ)

あぁ~出ましたね、才女の柳宿!善にも悪にも強い柳宿は、物事に熱中しやすく、執念深く熱狂的な人物。天上天下唯我独尊の一匹狼で、人に頭を下げる事が苦手な性格だ。女性も、たとえ外見は美人でおとなしそうでも、シンはきつく、しおらしさがなく、負けず嫌い。よく働くし、男まさりの人が多いだろう。中には口の悪い人もいる。嫉妬心も強く、見栄っ張りで、かなりの負けず嫌いだ。とかく才女が多く、平凡な妻の座を嫌い、結婚運晩婚型か後家運である。一般に、知識や教養がなくて悪の道に走ると、徹底した悪人になる傾向があり、女性なら他人の夫を平気で盗む人もいるだろう。

吉田美和、三浦りさ子、前田亜美、菊地あやか、石田晴香、原田美枝子、長山洋子、宮崎あおい、中山忍、おかもとまり、石田えり、遠山景織子、桜井よしこ、石黒彩なども柳宿女性である。

頭脳的な賢さがあり、鋭い理論を持っています。しかし、この宿は「善に生きてこそ」強い星だ。悪事が一時は成功しても最後は自滅し、一度挫折すると日頃の自信を失い、気弱になって自暴自棄に走る。という流れになる。また、才女気質の強い柳宿は、自らの信念に生きる宿とは違い、周囲からの評価活力として生きているタイプである。その為、意外におだてに乗りやすく、騙されるところがあるので、その点には注意すべきだろう。

そんな彼女の2013年の運勢は「安」運だ。

緊張感から解放され安定した年を過ごす事ができる年であり、「」運は、「安定」を意味します。足腰を軽くし、人生を楽しむつもりで遊びに行くのもいいだろう。しかし、逆にリラックスし過ぎてしまうと、物足りなさから無気力感なり、気も緩みやすい。
このセクハラ騒動は、彼女の運勢よりも彼女の魅力の方が勝っていたという事だろう。

佐藤健×綾瀬はるか(付き合っちゃえば?)二人の理想は?|軫宿(朱雀/すざく)+昴宿

5月27日(月)配信: 宿曜占星術+news

写真:映画
BncHY5月27日、日本テレビ系列「しゃべくり007」にゲスト出演した佐藤健と綾瀬はるかは、この日、6月1日公開の映画「リアル~完全なる首長竜の日~」の番宣も兼ねて撮影現場の様子を伝えていた。恋愛結婚仕事の話題もあり番組は盛り上がりを見せていた。司会の上田晋也から「結婚願望は?」と聞かれると、佐藤は「結婚は想像がつかない。」そして綾瀬は「32歳か33歳までにはしたい。」「子供は2、3人欲しい」と語っていた。理想の男性については「嘘つかない 真面目 堅実 面白い」など一般女性にありがちの内容であったが、理想の恋愛についての話題になると「恋の駆け引きが好きじゃない。」と不器用なところも見受けられる。一方、佐藤健は「俺のことが好きで、付き合ってくれてるならいいけど、彼氏欲しいだけで付き合っているのは嫌」と、コメント。さすが、モテる男ならではの悩みだろうか。番組途中、司会の上田から「二人、付き合っちゃえば?」と振られると、佐藤は「ないです」とキッパキ。綾瀬も「同士のような感じ」と、こちらもキッパキ。しかし、二人の仲は、仕事仲間として良い相手だそうだ。
映画やテレビで大活躍の二人だが、そんな二人はどんな宿に支配されているのだろうか?まず俳優、佐藤健から見ていきたい。

―このニュースを宿曜から見る!―
佐藤健は、1989年3月21日火曜生まれの軫宿、干支は巳(へび)
写真:CM
cap277自分の空間を持つ精神性の高い星。それが軫宿だ。精神性の強い星で静寂な妖艶さが漂うフェミニンなタイプが多く、とても純粋です。自分の空間を大事し、神聖な物を愛する傾向にあります。振る舞いも静かで、とにかく目立つ事を嫌う。しかし社交性は高く、加えて本質を見抜く洞察力直観力を兼ね備えている。実にクールな性格で精神の世界に自分なりの王国を持っており、プライドは高い。そして秘密主義者の為、その王国に他人が踏み込む事を許さないだろう。精神性の高い星ではあるが、仕事はスピーディーで努力家であり、頭の回転はとても速いだろう。ひたむきで純粋な軫宿は、傷つきやすくデリケートな人だ。体は丈夫な人が多いが、精神的なストレスには十分注意したい。

一方、綾瀬はるかは、1985年3月24日日曜生まれの昴宿、干支は丑(うし)
写真:CM
d0128285_5475128女性なら、美人の多い「お姫さま」の星だ。不思議に育ちのいい人が多く気位も高い。剛柔宿と呼ばれ、ソフトなタイプと堅い感じの人と2つに分かれる。もちろん綾瀬はるかは、柔のソフトなタイプと言えよう。しかし、どちらの場合も自分の意志は断固貫くアグレッシブな面を持ち合わせています。話せば自己主張がとても強く、常に周囲を見渡しながら状況を察知し、知的向学心ある明晰な頭脳の持ち主です。名誉に生きる星であり、志は高いのだが、がむしゃらに突き進む強さはなく、器の大きい方ではないだろう。女性の場合、うわべは「」で、内心は「」という二面性のあるのが特性だ。女としての能力は非常に高いのだが、別名「男を拒否する星」であり、婚期が遅れたり、また独身を貫く人も多いだろう。結婚した場合でも、仕事と家庭の両方を適当にこなるだけの器用さがない。欲をだし、家庭と仕事の両方を兼務すると全てが中途半端になり、家庭内トラブルの原因となる。昴宿は八方美人で仕事の幅も広く、色々な仕事をこなせるだけの器用さはあるのだが、それを同時進行で進めるだけの器用さはないのだ。昴宿女性は美的センス、芸術的思考の高い人である為、仕事はクリエイティブな世界が向いているだろう。また、27宿の中で最も強い「引き立て運」「名誉運」「名声運」「環境運」を持っている人です。

そんな二人の相性は?

栄親の遠距離だ。これは宿曜の相性の中でも上位に来る良い相性です。お互いで行動する事により、異性関係問わず幸運のパートナーとなります。仕事上での協力関係では実のある繁栄をもたらすでしょう。互いにプラスを与え合う関係は、この栄親のみです。しかし、距離が近すぎて礼儀を欠いたり、プライベートな問題まで首をつっこむことになる為、注意が必要です。栄親の遠距離の場合は、近づこうにも微妙な距離がある相性です。邪魔が入ったりしやすく、とくに近くに安壊星の人がいるときは気をつけたほうが良い。

昴宿と軫宿の関係(栄親)は、素直になれる相性。恋愛には発展しにくいが仕事のパートナーとしては最高と言えそうだ。

観月ありさ!22年連続・26作目の連ドラ主演|畢宿(白虎/びゃっこ)

5月16日(木)配信: 宿曜占星術+news
写真:公式ブログ
profile女優、観月ありさ主演の『斉藤さん』が5年半ぶりに帰ってくるようだ!2008年1月期に放送されたドラマの続編『斉藤さん2』(日本テレビ系)が、7月からスタートすることが15日に判明した!今回は、幼稚園から小学校に舞台が変わるようだ。観月は「さらにパワーアップした斉藤さんをお届けできたら」と意気込んでいる。
悪い事は悪い」と正義の道を貫く孤高のママ・斉藤さん。前作では、建前を抜きにしてズバズバとモノ言うの姿が多く斉藤さんの視聴者の支持を集め、平均視聴率15.6%、最終回では19.6%を記録した。同作の福井雄太プロデューサーは「新しい戦い方をする斉藤さんを観て何かを感じ、親子で楽しめるドラマにしていけたら」と展望を語っている。22年連続・26作目の連ドラ主演となる観月は「私自身、すごく大好きな斉藤さんを再び演じられることをとてもうれしく思っています」と大喜びの様子であった。
それにしても22年連続・26作目の連ドラ主演は…凄すぎるの一言。観月ありさは、芸歴20年以上の大ベテラン!そんな彼女は一体どんな宿に生まれたのだろうか???

―このニュースを宿曜から見る!―
観月ありさは、1976年12月5日日曜生まれの畢宿、干支は辰(たつ)

畢宿は西方七宿、白虎(びゃっこ)に位置しており、七宿分類では翼宿、斗宿、壁宿も、このグループだ。女性は日本的な美人が多いのだが、割と庶民的で気取りがなく、中にはぬかみそ臭い人さえいる。動作も牛のようにのろく、他人から見ると鈍感で怠け者のような感じを受けることもあるが、胸の中には意外に大きな理想が燃えている。いったん心を決め、こうと信じたらテコでも動かない頑固さがある。他人に迷惑をかけようが、自分がどう思われようが本人は平気だ。極端に言うと、自分だけが正しいと信じてはばからず、他人に対しては意外と盲目だ。これは心の中に大なり小なりの自分の王国があるからなのだ。一歩一歩スローペースで歩んでいく人であり、愛情が豊かなイメージがあり、見かけは穏やかで聡明に見えますが、内面は意志が強くとても頑固者。しかし争いは好まず根が善良と言えます。実力がなくて理想主義がいきすぎ、「愚者の楽園」といったタイプもあり、自分なりの王国を夢見ているのだが、実力がとなわず、そのまま一生を終わってドロップアウトしてしまうこともあるので注意すべきだ。女性は「忍従の星」で結婚すれば夫や子供によく尽くす。おとなしそうでもシンはしっかりしていて根は頑固。しかし、なぜか男運がなく、男で苦労する。それもトラブルの原因は相手から起こる被害者型である。だが持前の忍耐で家庭を持ちこたえていくだろう。畢宿は張宿・房宿とともに美女星の御三家の一つといわれている星でもある。

山口百恵、松田聖子、米倉涼子、長谷川潤、国生さゆり、藤本美貴、リンジー・ローハンなども畢宿である。

反対に悪いタイプになると、その忍耐強さが逆に働き、妻の座にべったりとあぐらをかき、鈍感で、男が一番嫌う女性になる事も。心に理想を持つことは良い事だが、「愚者の楽園」になることを、この星は最も注意すべきだ。楽をする為の忍耐力など、なんの成果も上がらないだろう。
マイペースで一歩一歩着実に進んでいけば大器晩成の運勢を持っている。仕事に関してはも道は狭くとも一芸に徹するほうなので、芸術、技能の世界がもっとも向いています。

芸歴32年の観月ありさは、デビュー当時から現在も変わらずの輝きを放ち続けている。しかし…男運がないのは、本人も同感ではないだろうか。