ようこそゲストさん!|ログイン

【辛口】宿曜占星術+news|空海が広めた人の統計学。性格、相性、運勢、恋愛|無料占い

辛口無料占い|性格・運勢・相性・恋愛

/ /

▼ ・・・診断結果・・・ ▼

ここに診断リンクが出ます

Results for tag "成"

2 Articles

平野綾ツイッター終了…フォロアー38万人!|胃宿(白虎/びゃっこ)

5月24日(金)配信: 宿曜占星術+news

写真:CM
maxresdefault平野綾さん(声優)(25)が5月22日に「ツイッター」を終了した。今後のツイッター運営はアカウントは残し、公式インフォメーションとして活動告知のみとするもようだ。この終了には悲しむ声も多かったが、トラブル続きだった事も考慮し、ファンからは「もっと早く止めるべきだった」という声も多かった。しかし、ネット上ではこんな声が…「またデマかと思ったらマジじゃねーか」「俺の生きがいがぁぁぁぁぁぁ!!!!! 」「38万人もフォローしてるのに何を考えてるんだ!!!!! どうするつもりなんだよ」といった声があがっていた。ただ、平野綾のツイッター活動は何の得もなく人気を落としただけ…という声が圧倒的で「もっと早くこいつからTwitter取り上げていれば…」と言うツイートも送られていた。
その理由を裏付けるツイートもある。
ファンにキレまくる平野綾のツイッターは毒が強く、ファンと言い争う場面もあった。ファンから「アイドル声優は恋愛の話をせずにオタクに献身して欲しい」という意見には、「聞いているのが阿呆らしくなってきました。私は声優です。アイドルです。役者です。アーティストです。変な業界観と恋愛観を押し付けないでください」と反論を展開。そんな事もあり平野綾はファンのことを考慮して誰もフォローをしない、というのを約束したはずだが…10年12月にプロ野球のダルビッシュ有投手からフォローをツイッターで頼まれるとあっさりフォロー第一号として登録したためバッシング受ける結果となった。2011年に入ると所属事務所に対する批判が多くなり、事務所とのトラブルに繋がるケースもあった。こうした経緯もあり昨年12年12月頃からツイートは出なくなっていた。そして今回、とうとうツイッター終了となったわけだ。可愛い顔をして毒づく性格がファンに受けていた要素でもあったが、行き過ぎた発言で誤解を生む事もあっただろう。そんな平野綾は、どんな宿から生まれたのだろうか?

―このニュースを宿曜から見る!―
平野綾は、1987年10月8日木曜生まれの胃宿、干支は卯(うさぎ)

THE胃宿女子!これは強いですね。タフですね。才女ですね。闘争心が旺盛な自身家タイプと言える。とても気性は短気で激しく、好き嫌いがハッキリしています。端的に言うと、実力があり、知謀に長けた「野中の一本杉」だ。でなければ救いがたい愚者かどちらかである。つまり、知者愚者の差が極端だということである。頭の回転が速く、おまけに緻密機会並みでチャンスを掴むタイミングの良さは抜群です。ちょっとしたことでもカッとなり、かんしゃく玉が破裂するだろう。怒ったら手がつけられない。ユーモラスもあるだが、どこか皮肉っぽさを感じるだろう。また、秘法や神秘を好むところがあり、ミステリーの星であることも大きな特徴だ。作家ならミステリー派で成功するだろう。何事も自分一人でやってのけようとするので、時には誤解されたり、恐れられて反乱を起こされることもある。それを防ぐには、自分の本心を打ち明けられる腹心を作っておくことだ。この星は、自ら仕掛けなくても、雨を呼び風を起こす騒動波乱に見舞われる宿命を持っている。苦労や波乱の生涯となりやすいが、持ち前の努力と忍耐で相当の地位まで上り詰めるだろう。やはりツイッター終了は、良かったかもしれない。そんな彼女の今年の運勢は「」運で、成功へと導く活躍の運勢が到来。新しい運勢の波に乗り様々なシーンで活躍する事ができる時期にあるが、目標や計画がないとポジティブな気持ちが空回りし、お調子者で孤立してしまうケースもあるので要注意である。また、ポジティブな時期だけに、色恋には注意が必要だ。今後、平野綾は、どんな場所で波風立てるのだろうか…
温かく見守っていきたい。どちらにせよ面白い子である事は確かだ。

安倍首相の「天皇万歳」、中国国営テレビがその真意を探る=主権回復の日式典で―本日の中国TOPニュース|張宿(朱雀/すざく)

5月2日(木)13時34分配信: 宿曜占星術+news

Abe_Shinzo_2012_022013年5月1日、日本政府が先月28日に催した「主権回復の日」式典で天皇・皇后両陛下に対する万歳三唱が起きたことに対し、中国国営テレビ局・中央電視台(CCTV)は報道番組で東京に駐在する同局記者に解説を求め、その真意を探った。

主権回復の日式典では、閉式の辞が終わった直後に会場内から「天皇陛下万歳」のかけ声が起き、壇上の安倍晋三首相や麻生太郎副総理もこれに続いた。これについて、菅義偉官房長官は30日の記者会見で「式典が全て終わってからの出来事」「自然発生的に起こったこと」として問題ないとの見解を示している。しかしその一方で、内閣府による「政府インターネットテレビ」はこの模様を配信する際、「天皇陛下、万歳」から「天皇陛下」の音声を消去していたことが指摘されている。内閣府はこれを「意図的な編集ではない」と説明している。

一連の出来事について、中央電視台(CCTV)の報道番組「東方時空」は、「日本の首相が『天皇万歳』と発言するのは、日本では正常なことなのか?一般にはどのような状況下でこのような行為が行われるのか?」と疑問を投げかけた。これに対し、同局の駐東京記者は「万歳三唱は戦前の国会(帝国議会)では慣例として行われていたが、現在においてはまったく正常さを欠いた行為と言える」と解説。政府の配信動画が「天皇陛下」の文言を削除した措置についても、「日本政府がこれを不適切と認識していたことの表れ」とした。

また、最近の安倍首相の一連の“保守的な行為”については、日本国内でも「意図的なパフォーマンスであり、警戒すべき」との声が挙がっていると紹介した。(翻訳・編集/愛玉)

※<本日の中国TOPニュース>では、中国の大手主要ポータルサイトによるニュースアクセスランキングから、注目の一記事をピックアップする。本記事は2013年5月1日付の中国大手ポータルサイト・網易(NETEASE)のランキング6位の記事。
写真:wikipedia

―このニュースを宿曜から見る!―
安倍晋三 1954年9月21日火曜生まれの張宿、干支は午(うま)
張宿は大将星の一つであり、荒々しい面がある。彼は上手く柔らかい印象を作り出しているようだ。しかし、根はパワフルで兄貴肌であり、統率力もある。彼が保守的と見られる傾向もなんとなく理解できる。海外に出て運を開く星でもあり、彼が官房長官の時、外交に強かった印象もある。張宿の2013年の運勢は「」!彼には追い風が吹いているのだろうか・・・