ようこそゲストさん!|ログイン

【辛口】宿曜占星術+news|空海が広めた人の統計学。性格、相性、運勢、恋愛|無料占い

辛口無料占い|性格・運勢・相性・恋愛

/ /

▼ ・・・診断結果・・・ ▼

ここに診断リンクが出ます

Results for tag "井上陽水"

2 Articles

元オセロ中島知子!不倫疑惑完全否定…加減にしとくれやす|底宿(青竜/せいりゅう)

5月23日(木)配信: 宿曜占星術+news

写真:TV
131a998073e69185966e346317c7a9bb_0元オセロの中島知子が、一部週刊誌で、あのシンガーソングライター・井上陽水との不倫疑惑が報じられた。中島は「雑誌はほんまにええ加減にしとくれやす」と怒り心頭のようだ。23日に更新した自身のブログ内では「そういえば、数々の名曲を生み出しとる井上陽水様と私、なぜか不倫の噂がずっと出てはりましたが」と「ほんまに申し訳ない限りどす。奥様は歌いながらかっこよくダンスする石川セリさんですよ。雑誌はほんまにええ加減にしとくれやす」と一連の記事に呆れた様子だ。「例えば万が一、陽水さんに愛人がいたとしても、『君じゃないの』と普通に言われますえ」と冗談交じりに報道を一蹴りした。「週刊文春」によると中島が女性霊能者に依存するようになったのは、井上陽水の破局がきっかけだとしている。このニュースを見たユーザーからは「ほんまええ加減にしとくれやす?そら、お前の事や!」「オマエがいい加減にしろや」などと逆に突っ込まれている。
そんな元オセロの中島知子だが、今後の芸能活動はどうなるのだろうか?早速彼女の宿曜も見ていきたい。

―このニュースを宿曜から見る!―
元オセロ中島知子は、1971年8月26日木曜生まれの底宿、干支は亥(いのしし)

底宿には、元々が大将星で器も大きいのだが…物事の裏表を見通す力がなく、尚且つ頑固で一度決めたら何があってもやり遂げる性格。その為、誤った方向に向かうととんでもない状況になる事も。また同情心も強い。あの、のりピーこと酒井法子も底宿である。常識があるように見えて常識がないのが、この底宿の特徴と言える。なかなか人を信用しない性分だが、その反面、騙されやすいところもあり、女性の場合、とにかく才女が多く頑張り屋感情過多症の人が多い。プライドも高く、清純方は少ないだろう。また底宿は、実力星であり虚栄心はないものの、自身の名誉プライドを守る為に平気で嘘つく傾向があり、自尊心は極めて強い方だ。自主独立の気持ちも強いため、婚期も逃しやすい。財運仕事運、あらゆる運に恵まれた宿だが、だからといって調子に乗り過ぎると、もっとも嫌われるタイプとなるので、常にそうした自覚が必要であり、謙虚さを忘れないことだ。

…そんな中島知子の一連の洗脳騒動には、こんな話もある。中島の脱洗脳を担当した認知科学者苫米地英人氏は「洗脳とは違う」との見解を出している。お笑い関係者からは「中島が女占い師に依存するようになったのは、松竹芸能への不満が原因だったんです。中島は女優としてブレイクした頃、独立を申し出たんですが、拒絶された。ところが、相方の松嶋尚美の独立は認めた。しかも、松嶋の事務所代表は松竹芸能の東京支社長のN氏。不信感を募らせるのは当然です」さらに他の業界関係者も「昨年2月28日、中島が女占い師と同居しているマンションから“奪還”された後、中島本人が松竹芸能に“真相を話したいから記者会見を開いてほしい”と訴えた。しかし、話されたら困るからか松竹芸能は“マインドコントロールされている”というレッテルを貼ったんです」という話があるそうだ。
実際の真意はわからないが、で色々な事がうごめいている芸能界には、まだ知られていない事があるのかもしれない。

ちなみに元相方である松嶋尚美は、1971年12月2日木曜生まれの觜宿、干支は亥(いのしし)
写真:公式ブログ
o015001501321594554167觜宿はよく口が回り弁舌と口先、頭を使って財を築いていくタイプだ。知慮で機知巧みな人であり、流れるような口調が魅力的の一つです。人を魅了させる話術に長けてています。

そんな二人の相性友衰の遠距離であり友達になりやすいが似たもの同士で障害も発生しやすい関係、与え合う関係となる。友人、恋人としては良い関係だが、共同事業金銭授受が発生すると関係が歪んでいきやすいだろう。

知花くらら!上杉隆と交際発覚!14歳年上|畢宿+柳宿

5月17日(金)配信: 宿曜占星術+news
写真:雑誌
domani_201306_coverあの2006年のミス・ユニバース世界大会2位に輝いたモデルでタレントの知花くらら(31)が、元ジャーナリストで「自由報道協会」代表の上杉隆氏(45)と交際している事が16日に明らかになった。交際期間は1年半だそうで、共通の知人から知り合いになり、その後デートを重ねるうちに交際まで発展したと言う。年の差は14歳であるが、本人、知花くららは「気にならない」と周囲に話している。
お互いに共通の趣味があり、とくにゴルフを通じて大人の恋を楽しんでいるようだ。所属事務所側は「大人ですのでプライベートのことは本人に任せています」と話しており、温かく見守っている様子だ。
それにしてもミス・ユニバース世界大会2位に輝いた知花くららは、どんな星の生まれだろうか?

―このニュースを宿曜から見る!―
知花くららは、1982年3月27日土曜生まれの畢宿、干支は戌(いぬ)

やはり畢宿には美人が多い!畢宿は張宿・房宿とともに美女星・御三家の一つだ。堅実な強い理想主義者であり、自分だけの世界を持っている人によく見かける。別名「忍従の星」と言われており、おとなしそうでもシンはしっかりしていて根は頑固。畢宿の中には悪いタイプも見かけるが、彼女に関しては外見、内面文句なしの畢宿美人だろう。しかし、畢宿は男運がない事が有名で、しかもトラブルの原因は相手から起こる被害者型になりやすい。忍耐力が強い反面、無理をしやすいのも特徴だ。

一方で上杉隆はどうだろうか?

上杉隆は、1968年5月3日金曜生まれの柳宿、干支は猿(さる)

写真:ツイッター
f68f00a1180ec7eebd53481e13efe347柳宿は、ミステリアスな一匹狼の星であり、知能が高くプライドも高いため、他人に頭を下げられず、協調性にかける。参宿、尾宿、心宿とともに『悪害宿』に属しており、これに影響を受ける宿は人に毒があり剛猛です。プライドが高いと言っても高貴な星でなく、あくまでも庶民的な一匹狼だ。頭の回転は速く女性なら気の強い才女となる。いったん怒った時の激しさは最高であり、面白いぐらいだ。
男性は君子型が多く見受けられるが、それはあくまでも見かけだけだ。内心は気位の高い気性の激しい星

大野智(嵐)、井上陽水、阿部祐二、松田翔太、斉藤和義、村上春樹、梅宮辰夫、高良健吾、東国原英夫、トムクルーズなども柳宿である。

善にも悪にも強いのがこの星の特徴で、とんでもない悪人もいれば、潔癖なほどの善人もいる。個性的で異端児、宗教性もある星で、福祉や人助け、ボランティアなどが好きなめんもある。この星はプライドも高く心は強そうに見えるが、一度挫折すると日頃の自信を失い、気弱になって自暴自棄に走る傾向がある。なので柳宿の人はあくまでも「善に強い」道を歩むべきであり、「我が道を行く」としたスタンスで、既存の道より、本道からちょっと脇にそれた道を歩む傾向もあり、かえってその方が成功するかもしれない。また意外におだてに乗りやすく、騙されるところがあるので、その点には注意すべきだろう。

そんな二人の相性は…?

成危の中距離!
まったく異質な宿同士!なんでも語り合える友人星でもあります。お互いを干渉せずに尊重しあうことができ、いい関係を築くことができるでしょう。基本的には長続きするカップルでもありますが、クールで、冷静な一面があり自然消滅したり、結婚への発展も容易ではありません。大人の恋を楽しむには、良い二人かもしれません。