ようこそゲストさん!|ログイン

【辛口】宿曜占星術+news|空海が広めた人の統計学。性格、相性、運勢、恋愛|無料占い

辛口無料占い|性格・運勢・相性・恋愛

/ /

▼ ・・・診断結果・・・ ▼

ここに診断リンクが出ます

Results for tag "サッカー"

7 Articles

良くも悪くも本田はリーダー?!サッカー西野ジャパン!主力選手を宿曜で見る!

18年7月5日(木)配信: 宿曜占星術+news


画像引用元:関連ニュース

FIFAワールドカップ ロシア 決勝トーナメントに進出した日本だがベルギー戦では2-3で敗れ敗退したサッカー西野ジャパン。しかし、その戦いには称賛の声も大きい。
ポーランド戦での賛否はあるが、主力メンバーの体力を温存した形でベルギー戦に挑むことができた流れを見ると、西野監督の戦術・采配能力は本物なのかもしれない。
今回はそんな西野ジャパンの主力メンバーを中心に宿曜で見ていきたい。

まずは年齢順に見て行こう


川島 永嗣
1983年3月20日日曜生まれの觜宿、干支は亥(いのしし

長谷部
1984年1月18日水曜生まれの張宿、干支は子(ねずみ)

長友 佑都
1986年9月12日金曜生まれの女宿、干支は寅(とら)

本田 圭佑
1986年6月13日金曜生まれの翼宿、干支は寅(とら)

岡崎 慎司
1986年4月16日水曜生まれの柳宿、干支は寅(とら)

貴士
1988年6月2日木曜生まれの斗宿、干支は辰(たつ)

香川 真司
1989年3月17日金曜生まれの柳宿、干支は巳(へび)

大迫 勇也
1990年5月18日金曜生まれの奎宿、干支は午(うま)

原口 元気
1991年5月9日木曜生まれの壁宿、干支は未(ひつじ)

柴崎
1992年5月28日木曜生まれの胃宿、干支は猿(さる)


ずらっと見て気になった点は、長谷部、長友、本田、岡崎、乾、香川、柴崎の7名はつながりの深い星同士である点だ。リーダー格の長谷部、本田を中心に組織が機能する構成となっている。
とくに張宿(長谷部)、女宿(長友)、翼宿(本田)、斗宿(乾)、胃宿(柴崎)、は栄親の相性で繁栄を表しています。
このメンバーは仕事などでも新規プロジェクトや大舞台で巡り合うケースが多く、大なり小なり会社や時代の黄金期として影響力を残すこととなるのです。
さらに戦いの神に支配されている箕宿が長谷部、本田と同列に居ればより強いチームとなっていたでしょう。しかしこの巡りあわせはそうそうありません。

また、本田の翼宿と岡崎、香川の柳宿は安壊という悪い相性だが、男同士の翼宿と柳宿の場合、力を与え合う、補い合う関係となり、翼宿の本田が上に立つ関係性なら柳宿の才能も生かされ上手く機能する。
やはり本田圭佑はこれまでの日本代表戦を見てもチームのキーパーソンとなっていたことは確かなようです。

奎宿の大迫と壁宿の原口は次のワールドカップまでに彼らの力を高めてくれるメンバーが集まることを期待したい。

本田の持つ翼宿は、徳望と実力で権威の座につく自尊心の高い星です。しゃべり方は穏やかでも、率直で、言葉を飾らない。無駄口を叩かず、建前より本音をすばり言ってのける、そんな人物が多いでしょう。
自分の理想、信念に生きる人で、頑固者。また、目標に向かって絶え間ない努力をする強固な意志を持ち合わせています。そして、人を束ねていくリーダー的資質と統率力が備わっており、才能に恵まれた人が多く、とくに自分を磨くことにかけては余念がなく、とても熱心です。
また「翼」とは文字どおり、ツバサで飛ぶことを意味し、海外に出て成功する運があると言われています。日本代表引退を表明した本田だが、また違った形での活躍に期待したい。

有名人では、吉田茂、江原啓之、黒澤明、佐藤浩市、役所広司、三船敏郎、渋沢栄一、松田優作、島田紳助、野口英世なども同じ翼宿である。


最後に西野朗 監督
西野朗は1955年4月7日木曜生まれの底宿、干支は未(ひつじ)である。

戦上手で戦術家の底宿!

底宿は勝ちにこだわる勝負師だ。故に一般社会やプライベートでは鼻持ちならぬ人物で、嫌われ者になるケースも多々あるが、勝負運もありやや形勢不利と見えても持ち前の粘り強さで勝ち抜いてしまう。戦いが好きで、謀略や陰謀も巧みだ。
度胸もあり挑戦が大好きなやり手のタイプが多いでしょう。

石原慎太郎、長渕剛も同じ底宿である。

さて、次期監督は誰が務めるのだろうか…これまでの日本スポーツ界を見ていくと
・ワールドベースボールクラシック
・澤選手率いる「なでしこジャパン」
・日本女子パシュート
・男子4×100メートルリレー

上記の事柄で共通して言えることは「和」ではないだろうか。やはり日本独特の文化である「和」を中心にまとめることができる日本人監督に期待したい。この日本の地で生まれたことを忘れてはいけない。

加藤ローサ…公式サイト終了!事務所から離れる|星宿+張宿

6月30日(日)配信: 宿曜占星術+news

写真:関連ニュース
kba1007101417015-p229日に加藤のオフィシャルサイトで「この度加藤ローサは研音グループより所属を離れ、新たなスタートをきることになりました」と事務所(研音グループ)から告知された。それに伴い同サイトも6月30日限りで閉鎖することも発表された。2011年6月には、当時サッカー日本代表だった松井大輔(32)と結婚しフランスで現地時間13日午前6時30分(日本時間午後2時30分)、第1子となる男児を出産したと発表している。また難産であったことも明かしていた。一方で夫の松井大輔は現在ブルガリアプロサッカーリーグ・PFCスラヴィア・ソフィア所属しているが、噂されるJリーグへの復帰に関して「日本でサッカーやりたい。良いオファーをめっちゃ待ってます」とアピールしている様子だ。やはり子供が生まれた事もあり、日本での生活を希望しているのだろうか?フランス在住ということもあってか最近はテレビやネットでも加藤ローサの影は薄い。露出が減った分、子育てに奮闘中なのかもしれない。今回、加藤ローサの公式サイト終了、事務所との契約終了は、今後どのような出発となるのだろうか。2008年のインタビューでは「結婚したら、子供がいっぱい欲しい」と明るく答えていただけに、完全に芸能界から離れてしまうのだろうか?そんな二人の宿星を見ていきたい。

―このニュースを宿曜から見る!―

加藤ローサは、1985年6月22日土曜生まれの星宿、干支は丑(うし)
風雲児の星宿!オリジナリティー溢れる風変わりな個性を持ち主だ。本流から離れたところに自分を完成し、なかなか主流になりがたい傾向にあるが、その方が本人も楽しいのだ。反骨精神が旺盛で、勉学は区にならず、多少の時間がかかっても一貫して目標を実現させる粘りと、芯の強さを持ち合わせています。自信家でプライドが高いく、善にも悪にも強いところがあり、天才か狂人か紙一重の性格異常者になるものもいる。他人に頭を下げたり、お世辞をいうのは苦手であり、一本気で、人間として扱いにくく、煙たがられることもあるので注意が必要だろう。しぶとく己の道を突き進み、気に入った相手に対しては面倒見はよく、野にある親分星でもある。一味違った風変わりなところがあり、どちらかと言えば古風な女性が多いだろう。浪費僻はなく、出すときはパッと散在するが、結構お金を貯めるだろう。この星の人の特徴は、他人に尽くすことにより自分も栄えるという強い運勢を持っている。女性は一般に小柄で、地味淡白な人が多いだろう。ひっそりとしているがシンが座っていて、意地っ張りだ。見栄や虚栄心はないのだが、つまらぬ意地は捨てた方が賢明である。働き者で、やりくりも上手で几帳面、世帯持ちもいいほうだ。結婚すれば夫にもよく尽くす。それに加えて、鹿児島生まれ彼女にはたくましい忍耐力精神力が備わっているだろう。松井大輔はかなりの幸せ者かもしれない。

そんな松井大輔は、1981年5月11日月曜生まれの張宿、干支は酉(とり)
写真:TV
4b446980女性に有利な星ではあるが、大将星のひとつだ。気位高く、一種の正義感でもあり、学問を好み、理屈屋で、ちょっと熱っぽさのあるエネルギッシュな知識人に見える。そしてかなりの酒豪も見かける。小さなことにはこだわらなく、まるで竹を割ったようなタイプで、パワフル統率力があるので、周囲を引っ張っていきます。姉御肌、兄貴肌であり周囲からの人気運も抜群です。部下、後輩には優しい一面もあります。しかし自己中心的で、人を見下して見てしまう傾向もなくはなく、粗暴乱暴サド的変態もいる。男性の場合よほど実力がないと成功者になりがたい。実業家としての成功者に、この星の人はあまり見かけない。うっかり独立して商売に手を出し、破産するケースも多い。あのホリエモン(堀江貴文)も張宿である。口は達者で、相手の意に適うもっともらしい言葉を吐いて適当に煙に巻いてしまうような才能があるだろう。しかし他人に好かれるわりには友達は少ないのは、得体の知れないところがあるからだ。どこに行っても不満で、そのために仕事や職場を転々、何も実らず、女のヒモになるような人も見かける。この星の人は、生き方のスタートが大切であり、独立するならバックを確保してからスタートさせるべきだろう。ただ、親からもらった財産を相続したり、他人の組織とかのれんをもらったりする運勢もあり、目上の人から経済的援助をしてもらえる得な運命も持っている。隣の翼宿と同じく海外運も持っているので、海外に出て運を開く宿星でもあるのだ。また男性の場合、家庭では一貫して亭主関白だろう。

そんな二人の相性は…?

栄親の近距離!これは宿曜の中で最も良いとされる関係だ。互いが空気のような距離感で、気を使わずに付き合うことができる。それだけに最初はパッとしないものの、付き合い続ける間に関係が深まっていきます。お互いで行動する事により、幸運のパートナーとなり、双方に繁栄をもたらす相性は、この栄親の関係のみです。近距離の男女の相性は、抜群で仲良しすぎるのが悩みかもしれない。どちらかがアプローチするというわけでもないのですが、気がついたらごく自然な形でそばにいたという周囲もうらやむような関係を築くことができるでしょう。特に結婚については、この関係の右に出るものはいない。家庭運子供運すべてに恵まれる。しかし距離が近すぎて礼儀を欠いたり、プライベートな問題まで首をつっこむことになるため注意が必要だ。また、関係が長くなると刺激の少ない関係になりがちだ。気持ちを高め合い、新鮮さを補う努力も必要になる。星宿(ローサ)と張宿(松井)の栄親関係の場合、張宿が星宿を頼りに行動した方が上手くいくだろう。星宿が引っ張っていく事で、双方がラッキーパーソンとなるに違いない。

今年、松井大輔運勢は「」運にある、考順にしていれば新たなチャンスを掴むかもしれない。なによりも松井大輔には、彼女(加藤ローサ)が妻として隣に居ることで、あまり心配に感じない。星宿女性には、アゲマンの資質があり、付き合った男は皆出世すると言われている、あの大女優の鈴木京香も星宿である。彼女(加藤ローサ)がいれば松井大輔は大丈夫だろう。

元日本代表・奥大介が妻、佐伯日菜子にDV?二人の関係は?|觜宿+危宿

6月10日(月)配信: 宿曜占星術+news

写真:関連ニュース
25b524326月7日、関係者の話から妻で女優の佐伯日菜子さん(36)がサッカー元日本代表MF奥大介容疑者(37)から8年間にわたりドメスティックバイオレンス(DV)を受けていた事がわかった。妻、佐伯の親しい友人によると奥容疑者のDVが日常化したのは結婚から3年たった2005年ごろからだという。奥容疑者は妻、佐伯に対して「お前なんか大した女優でもないくせに」「誰のおかげでメシが食えていると思っているんだ」などの言葉のDVを含め暴行におよぶ事もあったそうだ。事実関係はいまだ不明だが、奥容疑者が佐伯さんを田んぼへ突き飛ばしたところも友人らによって目撃されている。また「お前、浮気しているだろう」となどと言って、佐伯さんの携帯電話を壊したという話もある。そんな中、佐伯は「仕事をすれば文句をつけ、邪魔をされてしまう。この状態では仕事ができない」と周囲に悩みを打ち明けていたそうだ。4日、佐伯はに戸塚署に被害届を提出し、DVを受けた際の録音テープやけがの診断書も用意していた。奥容疑者は「仕事がなくなり、精神的にも参ってしまっている奥を佐伯さんが介護するような状態になっていた」と関係者が明かした。
この二人の関係が、いかなるものなのか、いまだ真相はわからないが、宿曜を通して、彼らの星を見ていきたい。

―このニュースを宿曜から見る!―
奥大介は、1976年2月7日土曜生まれの觜宿、干支は辰(たつ)

理論派の星、それが觜宿だ。弁舌と口先、頭を使って財を築いていくタイプであり、しゃべらせらよく口は回るだろう。知慮で機知巧みな人であり、流れるような口調が魅力的の一つです。人を魅了させる話術に長けています。性格は礼儀正しく実直であり計算高い面がうかがえます。觜宿は一国一城の主として独立するほうが有利でサラリーマンは向かない星だ。しかしながら大将星になれないのが難点で、部下の責任をとるような器の大きさはない。あくまでも一匹オオカミの星であり、人柄も独善的である。徳行高く、慎み深く、礼儀正しい道徳家にも見受けられる。この星の人は、とかく他人が馬鹿に見え、尊大になって敵を作りやすく、人間的な面白味に欠けがちで敬遠されることがあるので、謙虚になるのが肝心だ。觜宿の人をタイプ別に見ると、闘志型教祖型ワンマン型の三つに分けることができる。内面は一貫して慎重で用心深く、すべて計算で事を運んでいきます。ハメを外すようなことはないだろう。そのため我慢強い性格なのだが、酒席では最も注意が必要で、心に溜まっていた鬱憤を吐き出し、人生を棒に振ってしまうトラブルに繋がる事も。こうした性格から孤独な星としての傾向が強く、觜宿の冗舌は、その孤独、寂しさから逃れようとする為に、力を発揮していると考えられる。根は寂しがり屋なのだが、人から自分がどう見えるのかを気にするあまり、みんなの和の中になかなか入っていけないタイプである。また觜宿の土曜生まれ大富豪になると言われている。確かに奥大介は、その座まで上り詰めた人物ではあるが、今回の報道が事実なら非常に残念でならない。

一方で妻の佐伯日菜子はどうだろうか?

佐伯日菜子は、1977年2月16日水曜生まれの危宿、干支は巳(へび)

現実の行動より夢や幻想の世界を好む夢想家タイプであり精神の自由を何よりも尊重する星だ。清廉潔白で、一本調子、悪く言えば「単細胞型人間」にあたる。短気で、おっちょこちょいであり理性よりも感情の星で、短気な人も多いだろう。時々カーッときて手のつけられないように怒ったり怒鳴ったりする人も多く、しかし夕立が去ったように次の日にはケロッとしている。だが根は悪人ではない。初めもなく終わりもなく、締めくくりがないため、他人から見ると義理に欠けるように思われ、それが損をする事も。女性も気ままで、気分屋で、喜怒哀楽は激しく、「女心と秋の空」を地でいくほうだ。乾いてクールな気質を持つ女性が多い。恋愛でも熱しやすく冷めやすく、男性に捨てられたりするとカーッとなって相手を殺したり、自殺したりする人もいる。クールでプライドが高くて婚期を逸する人もいるが一般には早熟である。しかし早い結婚は破れがちでむしろ再婚のほうが幸運をつかめる傾向にあります。

そんな二人の相性は…?

栄親の中距離!これはこの「宿曜占星術」上において最も良い相性だが、狭き門なので異性関係では実例は少ないと言われている。この関係は、互いに壁がない為、礼儀を欠いたり、プライベートな問題まで首をつっこむことになります。その為、互いにレベルUPできる関係で双方に繁栄をもたらす間柄です。觜宿と危宿の栄親関係の場合、互いにエンジョイライフを築ける相性であり、気性の激しい危宿の性格を觜宿が落ち着かせてくれる関係にあります。この2つの宿の場合、性質が全く違う宿同士の為、一つのカルマで言えば、危宿(佐伯)は觜宿(奥)から感情コントロールを学び、觜宿(奥)は危宿(佐伯)から感情の解放を学ぶ関係性になる。今回のDVに関する一連の報道を見る限り、互いの学びの関係性がとても強く作用したように感じる。

サッカー!ザックジャパンを占う!フォーメーションの鍵は本田?香川?|翼宿+柳宿

6月4日(火)配信配信: 宿曜占星術+news

写真:広告
69642_10151455308840310_860460118_n先日、キリンチャレンジカップ2013が30日に豊田スタジアムで行われ、日本代表とブルガリア代表が対戦したが、結果は無得点で0-2と完封負けを喫した。課題の残るザックジャパンだがワールドカップ出場権をかけたアジア最終予選で、オーストラリア代表と今日(6/4)、ホーム(埼玉スタジアム)で対戦する。番組開始は18時30分より放送される予定だ。
そんなザックジャパンだが、どんなフォーメーションでいくのだろうか?宿曜を通して、各選手の宿、相性を見ていきたい。

―まず、監督並びに選手の宿の見ていく。―

ザッケローニ監督は、1953年4月1日水曜生まれの房宿、干支は巳(へび)
本田圭佑は、1986年6月13日金曜生まれの翼宿、干支は寅(とら)
香川真司は、1989年3月17日金曜生まれの柳宿、干支は巳(へび)
長友佑都は、1986年9月12日金曜生まれの女宿、干支は寅(とら)
岡崎慎司は、1986年4月16日水曜生まれの柳宿、干支は寅(とら)
清武弘嗣は、1989年11月12日日曜生まれの畢宿、干支は巳(へび)
長谷部誠は、1984年1月18日水曜生まれの張宿、干支は子(ねずみ)
遠藤保仁は、1980年1月28日月曜生まれの参宿、干支は猿(さる)
中村憲剛は、1980年10月31日金曜生まれの張宿、干支は猿(さる)
前田遼一は、1981年10月9日金曜生まれの奎宿、干支は酉(とり)
内田篤人は、1988年3月27日日曜生まれの柳宿、干支は辰(たつ)
今野泰幸は、1983年1月25日火曜生まれの井宿、干支は亥(いのしし)
吉田麻也は、1988年8月24日水曜生まれの虚宿、干支は辰(たつ)

↑主に、代表枠確実の選手をピックアップした。↑

ざっと見ると、このチームは本田が居ないと成り立たない構図になっている。本田の翼宿は元々リーダー性の高い星で、統率力もある。また翼宿と相性の良い宿がとても多く、本田の重要性を示している。
まず、本田(翼宿)は長友佑都(女宿)、長谷部誠(張宿)、中村憲剛(張宿)、清武弘嗣(畢宿)の四人と栄親の関係であり、これは宿曜の中で最も良い相性とされている。また今野泰幸(井宿)、吉田麻也(虚宿)とも成危関係と友衰関係で成り立っており、本田の位置からはバランスの良い選手が多く存在しており、周囲に四人も栄親関係が存在してる事はである。

ちなみに、長谷部誠(張宿)、中村憲剛(張宿)も大将星であり、リーダー各だ。

次に香川(柳宿)だが、ここは厳しいように感じる。
本田圭佑(翼宿)とは安壊の関係であり、もっとも破壊作用が生まれる関係性だ。また遠藤保仁(参宿)とも安壊関係にあたる。共同作業に最も必要とされる栄親関係が一人も居ないのだ。唯一いるとすればザッケローニ監督の房宿ぐらいである。

そして前田遼一(奎宿)も、あまり良いとは言えない。
本田(翼宿)、遠藤(参宿)と安壊関係にあり、香川と同じような状況だ。しかし、香川(柳宿)と前田(奎宿)は、ザッケローニ監督との相性は栄親の関係である。だが…やはり選手同士の相性の方が重要だと感じる。

香川(柳宿)も前田(奎宿)もリーダー各ではなく、あくまでも一匹オオカミの星だ。その為、彼らを引き立ててくれる宿が必要なのだが…それが今の日本代表には居ない。
実力、実績ともに香川は日本のエースと呼んでも良いだろう。しかし、現日本代表メンバーでは香川は生きない構図として見れる。
日本 対 オーストラリア戦には怪我から復帰したとみられる本田圭佑(翼宿)も出場する。どんな戦いになるのか注視して見ていきたい。

ガンバレ!日本!

本田圭佑!CSKA放出?オファーはどうなる?|翼宿(朱雀/すざく)

5月22日(水)配信: 宿曜占星術+news

写真:CM
E69CACE794B0E3839FE383B3E38386E382A3E382A2日本代表MF本田圭佑の夏の去就について、CSKAモスクワのエフゲニー・ギネル会長が21日、「オファー次第」だと明かした。しかし、適切なオファーがなければ契約延長する可能性がとなり様子だ。本田の契約は今年末まであり、CSKAが移籍金を望む状況になれば、近夏に売却することになるだろう。一方でギネル会長は地元メディアに対し、「適切なオファーが届けば、我々は彼を手放すということで合意した。そういったオファーが届かなければ、本田は我々と新しい契約を結ぶ」と語っている。様々なビッククラブからのオファーに翻弄されている本田だが、CSKAを抜けて、次のステージに向かう事になるのだろうか?本田圭佑はサッカーのみに関わらず、スター性、カリスマ性を感じる。そんな彼は一体、どんな宿から生まれたのだろうか?早速見ていきたい。

―このニュースを宿曜から見る!―
本田圭佑は、1986年6月13日金曜生まれの翼宿、干支は寅(とら)
南方七宿、朱雀(すざく)に位置する翼宿は、徳望と実力で権威の座につく自尊心の高い星だ。緻密な頭脳の持ち主であり、妥協なく納得するまで物事をやり抜く完璧主義者です。また、粘り強さもある為、苦しい状況にも負ける事はありません。外見は他を寄せ付けない毅然たる雰囲気が漂っていて、どう接してよいか掴みにくい人物、しゃべり方は穏やかでも、率直で、言葉を飾らない。無駄口を叩かず、建前より本音をすばり言ってのける。しかし、どことなく権威があり、ちょっと底知れぬ人物で、どう扱っていいか迷ってしまうところがあるだろう。翼宿は、損得抜きで理想を追求するところがあり、お金なんかもらえなくてもいい・・・という無欲さがあり、志も高いため、どんなにわがままを通しても人に愛されることがある。人付き合いに関しても、どんな相手でも真正面から向き合って、そこから何かを得してしまうほど器が大きくて公平だ。しかし、他人に合わせて自分の都合を調節したり妥協したりできない不器用な性格なので周囲との摩擦も多いだろう。基本的には優しい性格なのだが、とかく自分に正直で妥協を知らない性分である。本来が内向的で神経質な星の為、不満が溜まると休火山が噴火したようになり、自分の感情も制御できなくなる。また女宮に三足支配されており、その中でも神経質で完璧主義者の翼宿は、多病で特に眼の病気にかかりやすいため注意すべきだ。尚、金曜生まれは気うつの牲があり何事にも考え込みやすいだろう。
大体、翼宿の男性は女性から好かれ、信用もされるが、何故か女難の相があり、悪妻にたたられたり、子供に恵まれなかったりするケースがよくある。恋愛に関しては受け身ではないのだが、合わせてくれる女性でないとまず無理だろう。優しそうでも根は頑固で意志強固である。
目標に向かって絶え間ない努力をする強固な意志の持ち主、加えて人を束ねていくリーダー的資質統率力が備わっています。もともと才能に恵まれた人が多く、とてもクレーバーな高い能力を持ち合わせていて、とても熱心だ。また、インドでは歓待の神アルヤマンと関連付けられていて、この神は、どんな援助をも求められる者を意味しています。そんな翼宿生まれの人は、困っている人や病んでいる人に力を貸す使命があるということだ。
海外との縁に強く、翼を意味する翼宿は、27宿の中で最も「海外運」を持っている人です。元来商売人の星ではなく、あくまで名誉の星の為、商売に手を出すと苦労したり、失敗する傾向がある。しかし、実業なら海外に縁のある仕事で成功するだろう。
まさに海外で活躍している本田圭佑だが、今年は「」運の年であり、厳しい状況にも追い込まれるだろう。しかし、この年で鍛えられた心こそ、次の年の大きな飛躍に繋がるだろう。持前の精神力、粘り強さで今年、来年と更なる飛躍を期待したい。

長友佑都!今季を振り返り(呪われたようなシーズンだった)と…|女宿(玄武/げんぶ)

5月20日(月)配信配信: 宿曜占星術+news

写真:CM
156296_40019日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルはホームでウディネーゼと対戦。試合は2-5で敗れた。フル出場した長友は試合後、シーズンを振り返り、こう語った「個人レベルでもチームレベルでも、多くのけががあり、少し呪われたようなシーズンでしたね」と。ひざの負傷から復帰2戦目となったが、怪我については「ひざはもう大丈夫ですよ。先日の試合も問題ありませんでしたしね」と語り、「手術をしなかったことは、誰かが書いたり言ったりしたようにコンフェデレーションズカップに出場したかったからではないです。近い将来のキャリアを慎重に考慮して、この決断を取りました」と、手術を受けなかった真相を語った。さらに続けて「シーズンを通して僕を信頼して支え続けてくれたファン、監督、メディカルスタッフ、そして会長にお礼を言いたいですね」とコメントし、シーズンを締めくくった。
そんな長友佑都だが、去年から今年にかけて、浮き沈みを繰り返しているようだ。一体彼は、どんな宿から影響を受けているのだろうか?

―このニュースを宿曜から見る!―
長友佑都は、1986年9月12日金曜生まれの女宿、干支は寅(とら)

女宿生まれの男性は、とても真面目な実直なタイプだが、極端なワンマン型もいる。しかし、どちらの場合も、内面では、すみずみまで注意が行き届いていて何か計画を実行する際は、綿密な調査をかかさないし、細部にまで注意が払われていて、とても緻密で策略的です。古風な言い方をすると、とても念力が強い人です。ちょっといじましい陰性の性質を秘めているけれど、底知れぬパワーと高度な精神性が宿っています。 二枚腰の粘りがあり、コツコツと自己研磨を重ねる性格なので、いつの日か大きな成果を勝ち取る人でもあります。プライドは極めて高く、ペダンティックで鼻持ちならぬ人もいるだろう。自分に厳しく他人にも厳しいサディスティックな性格ですが、あまり度が過ぎると人から疎まれることもあるようだ。自分の信念については結構多弁になり、仕事師で力量もある。ものごとの裏面を熟知しているので、キレイごとが嫌いな宿星でもあります。その上、根が正直すぎて損をする事があるぐらいだ。教養や見識、知識がないと、女宿の持つ女性質が悪く働き、男なら女の腐ったようなグズ型人間になり、女のヒモになるような人もいるだろう。

宮川大輔、本木雅弘、宇治原史規、加藤清史郎、村上隆、ビートたけし、西部邁、山田正彦なども女宿である。

女宿は、一時に熱中すると、すごいエネルギーを出し、神がかりになったりすることがある。しかし、ワンマンとして一時は飛ぶ鳥を落とす勢いに乗ることが出来ても、もろく、はかない終末を迎える傾向があるので注意が必要だ。
また、政治力が長けており、ドロドロした状況ほど燃えるタイプだ。ただ…人を操る事を得意とする反面、自分の感情のコントロールできない為、あと一歩のところで成功の逃しやすい傾向がある。堅実な世界で、妙な野心を捨て、トップを狙うより次席に甘んずることを心がければ、安泰な生涯を送ることが出来る。一匹狼は不利な星である。
ここ最近の長友のプレーを見ていると、アシストによるチームプレーよりも個人プレーが目立つかもしれない。長友佑都にとって2013年は、どのような修正が必要なのか、彼自身も悩んでいる事だろう。今年は「」の年であり、昨年に続けて良い運勢だ。自らの采で運を破らず突き進んでほしい。

香川!今季6ゴール目!止まらない勢いの行く末は?|柳宿(朱雀/すざく)

5月20日(月)配信: 宿曜占星術+news
写真:CM
hpc_gillette_gold_aplus2プレミアリーグ最終節が19日に行われ、ウェスト・ブロムウィッチと日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uが対戦した。香川は先発出場し、開始早々から攻勢をしかけ、開始6分にはシュートを叩き込みゴールネットを揺らした。これで今季6ゴール目となる。そしてさらにチームは9分にも追加点を奪い、2点リードを奪った後も試合を支配し続けるマンチェスター・Uは、さらに左サイドを駆け上がったアレクサンダー・ビュットナーが豪快にシュートを蹴り込み、チームの3点目をマークした。しかし…40分にはカウンターを浴びて1点返され、2点リードで迎えた後半も開始直後の50分に失点し1点差に詰め寄られた。86分にはルカクにハットトリックとなるゴールを決められて、ついに同点に追いつかれた。今シーズンでの勇退が決まっているファーガソン監督の最終戦5-5で引き分けという結果となった。
香川はファーガソン監督に対して「もっと一緒に仕事がしたかった」と監督を惜しむ発言もあり、この最終戦は監督に勝利をプレゼントしたかったに違いない。これまで香川は、マンチェスター・Uに移籍して以降、不調の波に乗り怪我やベンチスタートなどの不遇に立たされていた。しかし、3月2日に行われてたマンチェスター・ユナイテッド対ノリッジ・シティ戦でハットトリックを達成して以降、調子を取り戻してきている。そんな香川真司は、どんなの生まれだろうか…?

―このニュースを宿曜から見る!―
香川真司は、1989年3月17日金曜生まれの柳宿、干支は巳(へび)
柳宿の男性は、マニアックで個性的な人物だ。しかし、一貫性に欠ける為、深追いする事はなく、興味の対象もコロコロと変化します。どこかミステリアスなところがあり、内心は気位が高く、気性の荒い人物だろう。人の心を読み取る力に長けており、交渉上手で、間の置き方は天才的だ。元々、柳宿には人の深層心理を見抜く洞察力が備わっている。彼のテクニカルなプレーには、星の影響もあるのだろうか…?
天上天下唯我独尊の一匹狼で、元来が帝王の星。人望とか人徳にかけがちなので、孤立することが多いだろう。負けず嫌いでよく働くし、女性の場合も才女が多いだろう。しかし、何しろ一匹狼の星で部下を組織的に使い管理するのは不得手だ。仲間や部下たちのほうも、内心はこの人を尊敬していても、その気性の激しさについていけないだろう。そのためか、財界人や実業家にこの星の人がちょっと見当たらない。海外運のある事もこの星の持つ特徴なので、外交官や海外に出てやる仕事も得意なはず。
そんな柳宿は、27宿中最も「財産運」・「交渉運」を持っている人物です。
昨年の香川の運勢は「」運であり、この年は状況が目まぐるしく変化する年であり、180℃状況が一変していく年だ。仕事運は吉であり、今までとは違った環境に身を置いたり、刺激的な年となる!良き理解者や、新しい仕事仲間との交流は、自分を大きく成長させてくれるのだ。
今年の香川の運勢は「」運であり、これは安定を意味します。足腰を軽くし、人生を楽しむつもりで過ごす事がベストだ。ただ、逆にリラックスし過ぎてしまうと、物足りなさから無気力感なりそうです。「ヘアドライヤー」というあだ名が付けられていたファーガソン監督の引退後、刺激の少ない一年である事には間違いない。今後のマンチェスター・Uそして香川真司にとってどんな一年となるのだろうか?何事も冷静に考えられる「安」の年は、交流も広がり新たな出会いが生まれ、目標思考で進むと吉だ。

ちなみにアレックス・ファーガソン監督の宿曜は↓
1941年12月31日水曜生まれの井宿、干支は巳(へび)
写真:公式プロフィール
250px-Alex_Ferguson
他人にも厳しく、自分にも厳しい、サディスティックな星である。