Menu

ようこそゲストさん!|ログイン

▼成・危の相性

まったく異質な宿同士でお互いにない持ち味があって惹かれあう相性ですが、親しみを感じるレベルまで行きません。お互いの役割を尊重し合う、相互依存の関係ならば面白い組み合わせとなります。
ベースである性格や好みは全く違う組み合わせですが、競争相手、張り合いのある相手として気が合います。
「友人星」と呼ばれているだけあって、悩み事を相談しあえる友達になることが多いようです。
居心地はいいのですが、そんな二人が恋人になり、さらに結婚へと発展していく過程は容易ではありません。

● 異質なもの同士が惹かれあう相性。そのために無理に相手にあわせようとはせずに、自分らしく振る舞っていられる間柄。
● ライバル関係、師弟関係、ビジネスの取引相手などがこの相性だとうまくいく。
● 一般的に成の人が有利な立場であり、危の人は相手が優位な立場にあると見る。
● この相性の相手と結婚すると、お互いに干渉しあわないので淡白な関係となり、外に異性ができやすいので注意が必要です。
● 近距離・中距離の相手とは、自分にないものを相手に発見するため、最初に出会ったときはピンとこなくても、そこに気付いたときに心の琴線に触れ、その人が気になりだして恋愛に発展していくことも。

もっと詳しく

▼参宿→婁宿
一定の距離感がある参宿と婁宿。意気投合すると急速に接近する二人だが、出会いのファーストインプレッションで距離を感じるでしょう。近づこうにも二人の間には見えない壁が。婁宿は必要な時しか距離を縮めない。参宿からすると都合のいい人間に見えてしまい、心から通じ合うことは難しい。気軽に浅く付き合う流れになる。

▼成・危(近距離・中距離)の男女
相性の続きを見る

SNSで共有